• Grey Facebook Icon
  • Grey Twitter Icon
  • Grey Instagram Icon
  • Grey Vimeo Icon
  • Grey RSS Icon

RCA - IIS Tokyo Design Lab

〒153-8505 東京都目黒区駒場4-6-1

東京大学生産技術研究所S棟 S-206

S-206, S building, Institute of Industrial Science,

The University of Tokyo,

Komaba 4-6-1, Meguro-ku

Tokyo 153-8505

 

+81 3 5452 6164

info@designlab.ac

Microlab 3 - Re: Thinking the robot (JINZO SKIN)

July 6, 2018

 

「マイクロラボ」の第三回目を、2018年2月から4月にかけて開催しました。マイクロラボは、RCA-IIS Tokyo Design Labのメンバーと、生産技術研究所の研究者とがグループになり、短期間で集中的に取り組むプロジェクト。今回のテーマは「Re: Thinking the robot」です。ロボットを研究する、藤井研究室や山中研究室の技術からもインスピレーションを受けながら、「ロボットとは何か?」を改めて考えました。

 

今回、メンバーたちは「表現するスキン(肌)」を提案しました。ここで呼ぶ「スキン」とは、ロボットの表面的な部分だけではありません。その、ふるまいも含めて「スキン」であると捉え、新しい人とロボットの関わり方を考えます。

 

人とロボットが共存する未来の、自然なコミュニケーションに必要なもの。その一つは、言葉だけでは表せない、ニュアンスを伝える方法ではないでしょうか。普段、私たちが表情や、身振り手振りで伝えている微妙な感情を、ロボットも人に伝えられる必要があると考えたのです。

 

プロジェクトのタイトルは「JINZO SKIN」。インタラクションのアイデアを類型にし、辞書のようにまとめ、そして、今回はそのうちの3種類を、実働プロトタイプにしました。

 

1つ目は「GAOH(ガオー)」。操作を間違うなど「不当な扱い」を受けたと、ロボットが感じたとき、表面のとげを逆立て、威嚇します。反射的な怒りを人に伝えることが可能です。

 

 2つ目は「ZUKI(ズキ)」。叩かれたり、ぶつかったり、ロボットに物理的な衝撃が加わると「アザ」ができます。何かしらのダメージを受けたことを、視覚的に表現します。

 

 

 そして3つ目は、「ISHIKI(イシキ)」。触覚のような形状のツノの先端が、人が動く方に向きます。ロボットが今どこに注意を払っているのか、を視覚的に読み取ることができます。

 

今回の成果は、4月18日に発表会で報告しました。RCA Fashionの出身のAbbie Stirrupがディレクションを担当。メンバーによるダンス、DJ、3Dアニメーション、そしてプロトタイプが共鳴し、これまでのマイクロラボの成果報告とは全く違うパフォーマンスになりました。

 

今回制作した「スキンの辞書」は、こちらより、ダウンロードできます

 

プロジェクトメンバー

 

RCA-IIS Tokyo Design Lab

  • Abbie Stirrup

  • Maria Apud-Bell

  • Jonathan Rankin

  • 淺田史音

  • 磯部宏太

  • 江川主民

  • 中西亮介

  • 西川ステファニー

  • 三國 孝

 

ISHIKI 制作メンバー

  • 村上 元

  • 樗木 浩平

  • 柳沢 竜三

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload