• Grey Facebook Icon
  • Grey Twitter Icon
  • Grey Instagram Icon
  • Grey Vimeo Icon
  • Grey RSS Icon

RCA - IIS Tokyo Design Lab

〒153-8505 東京都目黒区駒場4-6-1

東京大学生産技術研究所S棟 S-206

S-206, S building, Institute of Industrial Science,

The University of Tokyo,

Komaba 4-6-1, Meguro-ku

Tokyo 153-8505

 

+81 3 5452 6164

info@designlab.ac

東京外かく環状道路松戸IC開通記念「未来トンネル」/ Future Tunnel

May 2, 2018

 

未来の国際創造都市を目指す松戸市が、「東京外かく環状道路の松戸インターチェンジの開通を記念して、1日だけのクリエイティブ空間として、開通前の高速道路を開放しました。RCA-IIS Tokyo Design Labは、高速道路のトンネル内でインタラクティブなインスタレーションを展開しました。タイトルは「未来トンネル」です。


今回のプロジェクトは、空間情報科学研究センターの小林博樹准教授に協力を得ました。小林准教授は、環境問題の解決支援として、森林などの自然環境の研究をしています。高度なセンシング技術により、鳥のさえずりや、動物の動く音などを、リアルタイムに受け取ることが可能となっています。


今回のプロジェクトでは、富士山近くの森に設置されたセンサーを利用しました。「Tele Echo Tube(テレエコーチューブ)」を通して、森の鳥や動物たちの声をリアルタイムに取り入れ、トンネル内で再生。同時に、トンネル内に設置されたチューブに人が語りかけることで、森に音を送り返すこともできます。


トンネル内の40mに渡る天井には、青空と森の映像がプロジェクションされています。人々がチューブに向かって語りかけると、その声は粒子となって視覚化され、森の鳥たちがさえずると、鳥がはばたく姿が現れます。


今回、プロジェクトを担当したYuri Klebanovは「コンクリートで固められた人工的な環境に、美しい緑や、鳥のさえずりなどの自然を持ち込むことで、面白い対照性が生まれるのではないかと思いました」 と話しています。


自然環境と、IoTやAI(人工知能)が、新しい方法でつなげることで目指す、豊かな自然共存型の社会を予感させるプロジェクトです。構想から約50年の時を経て完成した、高速道路とインターチェンジ。自然、科学、芸術が共存する未来のトンネル、多くの来場者に体験してもらいました。

 

「東京外かん松戸インターチェンジ開通プレイベント」
日時: 2018年5月12日(土)10時~16時(最終入場15時)
会場: 東京外かく環状道路松戸インターチェンジ付近

 

In a future city where nature, science, and culture coexist seamlessly, expressways and tunnels also evolve into a creative space that connects nature with cutting-edge technology. Matsudo City aims to become an international creative city of the future. As an opening event of the Tokyo Gaikan Expressway Matsudo Interchange, a beltway that connects the greater Tokyo area, the expressway was open to the public as a creative space for one day. The Future Tunnel is an interactive installation based on research and technology from the University of Tokyo. It connects and visualizes the voices of the visitors and the sounds of nature and its wildlife. Blue skies and forest trees are projected onto the ceiling of the tunnel, and the chirping sounds generate vibrant images of the birds as they fly across the ceiling. The voices of the visitors are also visualized as virtual sound particles that emerge and diffuse, creating an immersive experience. The Tele Echo Tubes (TET) connect the tunnel with the surrounding forests of Mt.Fuji. The TETs not only receive the sounds from nature but also send the voices of the visitors to the forest to enable interaction with wildlife and mountain echos. In future cities, advanced technologies such as IoT and AI (artificial intelligence) can be connected with nature in new ways to enable societies better coexists with nature. It has been 50 years since the conceptualization of the expressway and the interchange. Experience our Future Tunnel, where nature, science, and art come together.

 

Technology: Hill H.Kobayashi and Daisuke Shimotoku (Center for Spatial Information Science)

Design: Yuri Klebanov and Kota Isobe (RCA-IIS Tokyo Design Lab)

Director: Yoko Shimizu Project support: 0! and Matsudo City Tourism Association

 

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload