My Items

I'm a title. ​Click here to edit me.

AICOM -Democratised and Co-creative AI

AICOM -Democratised and Co-creative AI

NUS-Keio & UTokyo Collaboration AICOM:民主化されたAIと社会の未来を考えるためのゲーム化データ収集とコミュニケーションデザイン AICOMは、東京大学生産技術研究所DLX Design Labと同菅野研究室の共同プロジェクトです。学習データ獲得のためのゲームとワークショップがセットになった機会を提供することによって研究者と一般の方とのコミュニケーションの機会を作り、AI技術を民主化するための新しい仕組みをデザインすることが目的になっています。 AICOMのデータ獲得ゲームでは2人のプレイヤーがペアになり、間に挟んだ透明の文字盤上で相手が見ている文字を予想しながら単語を当てることで協力してポイントを獲得します。正解の文字とともにゲーム中の顔画像が記録されるため、顔画像と視線方向がペアになった、視線推定AIの学習に用いることのできるデータセットが同時に出来上がることになります。 また、ゲーム参加と合わせてAI技術の紹介やアイデア発想ワークショップの機会も設けることで、参加者が一方的にデータを獲得されるのではなく研究者と一緒に未来を考える機会を提供します。 研究者側がAI研究を進める上で必要不可欠なデータ収集過程をゲーム化することで広く一般に開かれたものにすることを実現しながら、参加者側もAIや機械学習技術を学びデータが必要とされる理由や目的を理解できるような、相互にとって意義のある仕組みをデザインすることを最終的な目標としています。 このプロジェクトは、東京大学潮田基金の助成を受けてスタートした、東京大学生産技術研究所 DLXデザインラボとシンガポール国立大学・慶應-NUS CUTEセンターのデザインを通じた科学をテーマに行っている国際科学研究である未来の社会プロジェクトの一環として行っています。 -共同研究室 : 東京大学生産技術研究所 菅野研究室 http://ivi.iis.u-tokyo.ac.jp

受賞歴

第24回 文化庁メディア芸術祭 エンターテイメント部門 審査委員会推薦作品 (2021)
https://j-mediaarts.jp/award/entertainment/

Shortlisted on D&AD Future Impact award 2021
https://www.dandad.org/awards/professional/2021/234837/aicom/ AICOM: Gamified Data Collection and Communication Design for the Democratized Future of AI and Society AICOM is a joint project of DLX Design Lab and Sugano Lab at the Institute of Industrial Science, the University of Tokyo. The objective is to design a new mechanism to democratize AI technology by creating opportunities for communication between researchers and the general public by providing a set of games and workshops for acquiring learning data.

In the AICOM data acquisition game, two players are paired up and work together to win points by guessing words on a transparent board while predicting the letters their opponent is looking at. Since the face images during the game are recorded along with the correct characters, a dataset that can be used to train gaze estimation AI is simultaneously created by pairing face images and gaze directions. In conjunction with game participation, the event will also introduce AI technology and provide an opportunity for an idea generation workshop, giving participants the chance to think about the future together with researchers rather than being subjected to one-way data acquisition. The ultimate goal is to design a mutually meaningful mechanism that enables participants to learn about AI and machine learning technologies and understand the reasons and purposes for which data is needed while researchers realize the data collection process, which is essential for advancing AI research, by turning it into a game so that it can be widely opened to the public. This project is part of “future society project”, which has been started as an international research exchange project in between The University of Tokyo IIS, DLX Design Lab and National University of Singapore, Keio-NUS CUTE centre under the support of The University of Tokyo Ushioda Foundation. With the help of Sugano Lab: http://ivi.iis.u-tokyo.ac.jp -- Awards

2021 Japan Media Art Festival Entertainment section Judge recommendation award
https://j-mediaarts.jp/award/entertainment/

Shortlisted on D&AD Future Impact award 2021
https://www.dandad.org/awards/professional/2021/234837/aicom/

OMNI Microplastics - September update

OMNI Microplastics - September update

OMNIマイクロプラスチック - 2020年9月 アップデート 調査航海に乗船し行ったOMNIマイクロプラスチック の初号機のテスト動画と、東京大学のマイクロプラスチック研究チームの新しい研究プロジェクトのビジョンとプロセスを追ったビデオ、逗子で行ったリモートワークショップの模様を公開しました。 OMNI Microplastics – First Test ビデオ

近年、地球規模の問題になりつつある、海に流出したプラスチックごみが粉々になり目に見えない小さな粒となって海を漂うマイクロプラスティック。その海洋マイクロプラスチック問題を若い世代に学んでもらうための学習ツールや、幅広い人々に知ってもらうための体験ツールとその機会、さらに海洋マイクロプラスチックの調査や研究に役立つデバイスを、デザイナーと科学者の共創によって開発していくプロジェクトです。 OMNIマイクロプラスチックの初号機デバイスとその実験動画、実際の調査航海に同行し調査の目的や方法を説明した動画、目に見えない海洋マイクロプラスチックの問題を子供から大人まで分かりやすく理解してもらうためのアニメーション動画を公開しました。 Ocean Microplastics リサーチ航海調査 ビデオ そして現在は、今後の全国展開に向け、小学生から大人向けのワークショップコンテンツの開発と試作テスト、そして新しい調査研究用デバイスの開発と実証実験を、首都圏の海沿いの地域の学校やコミュニティにて行っています。その第一弾として、逗子の子供向けの海の学校「黒門とびうおクラブ」にてリモートワークショップを行いました。 このプロジェクトは、2019年から東京大学と日本財団が共同で進めている「東京大学FSI-日本財団海洋プラスチック研究」の一環として実施されています。 逗子の子供向けの海の学校「黒門とびうおクラブ」にてリモートワークショップ (2020年8月14日実施) 朝日新聞全国版 夕刊に掲載 (2020年10月1日 ) ニューファミリーと考えるSDGs - Vol:4 子どもたちと海洋マイクロプラスチックについて考える。プロジェクト「OMNI」が拡げる可能性 ニューファミリー向けのライフスタイルWebマガジン Fasuにて掲載 (2020年9月) Microplastics Journey マイクロプラスチックの旅 - Video ----- Microplastics in the ocean is becoming a global problem. Plastic litter flowed out to the oceans has been shattered into small particles then invisible microplastics have been generated and dispersed into the ocean. We are creating learning tools to make the younger generation aware of microplastics issues, dissemination tools and opportunities to get to know for wider generation, and new prototype devices and videos which will help science research on microplastics in the ocean with the team of designers and scientists. We joined a microplastic research cruise for testing our new OMNI microplastics device, filming the ocean microplastics research process and promoting project vision. As the first phase of this OMNI Microplastics project, we created an appealing animation video about the general understanding of microplastic issues to wider audiences and conducted a remote workshop with Kuromon Tobiuo Club at Zushi. We will develop educational workshop contents for wider range audiences – from children to adults, and new microplastic sampling devices for science researchers with local seaside communities in the Kanto area. Then we are targeting to spread the principal to the whole nation. This project has been conducted as a part of “FSI Research Project on Marine Plastics in partnership with Nippon Foundation” which was launched by the University of Tokyo and the Nippon Foundation in 2019.

Inspire Talks - Seeing, Looking, Watching

Inspire Talks - Seeing, Looking, Watching

Tickets: https://inspiretalks0729-20.peatix.com/ DLX DESIGN ACADEMYが 最先端の研究・デザイン活動を紹介するカジュアルなラボ・トークイベントシリーズ「インスパイアトーク(Inspire Talks)」。 今回も引き続きオンラインで開催します! コンピュータビジョン、ヒューマンコンピュータインタラクションの研究に従事する菅野裕介(東京大学生産技術研究所)からは、機械学習による視線推定アプローチについて、これまでの研究のあゆみを中心に発表。菅野研究室との共同プロジェクトを進める左右田智美(東京大学DLX Design Lab)は、視線推定技術開発に必要なデータセットの収集プロセスを仕組みのデザインとしてとらえ直し、AIテクノロジーの民主化を目指します。 またロイヤル・カレッジ・オブ・アートからはVR、ARの研究を専門とするDylan Yamada-Rice(Information Experience Design、School of Communication)を招きます。 プレゼン後、3名がオンライン上で集い、視聴者の皆様からの質問を交えてトークセッションを行います。 日時:2020年7月29日(水)19:00~21:00 (日本時間)(進行によって終了時間が多少前後します。) 言語:日本語、英語 ※英語のプレゼンテーションには通訳がつきます。 参加費:無料 お申込み:下のSIGN UP NOWボタンよりお進みください。 We are very excited to announce that at 7pm(JST)/11am(BST) on Wednesday, July 29th, 2020, we will be holding the Inspire Talks Online Version. This event is presented by DLX DESIGN ACADEMY, an initiative that brings design education out of the campus and into the city. Inspire Talks will be an informal affair, this time with three inspiring speakers from science and design, including a guest from Royal College of Art, London, talking about their work followed by a casual talk session. Date and Time: July 29th (Wednesday) 19:00-21:00(JST) 11:00-13:00(BST) Participation Fee: Free The speakers are: Yusuke Sugano- Associate Professor,Institute of Industrial Science, The University of Tokyo (Language: Japanese) Tomomi Sayuda- Experience Designer,DLX Design Lab, The University of Tokyo (Language: Japanese) Dylan Yamada-Rice- Acting Head of Programme, Information Experience Design, School of Communication,Royal College of Art(Language: English with Japanese translation)

Material-driven Sustainability

Material-driven Sustainability

These projects were developed for Toyoshima , with a focus on sustainable waste reduction in Japan. The Design Lab collaborated with Yoshie Lab and Sakai Lab to create two concepts centered on using material-driven processes to change current wasteful systems of production and consumption. これらのプロジェクトは、日本におけるサステナブルな廃棄物の減量に焦点を当てた、豊島ライフスタイル寄付研究部門のために発展させたものです。 デザインラボは、吉江研究室と酒井研究室とのコラボレーションにより、現在の無駄の多い生産・消費システムを変えるための、素材を主軸に据えたプロセスから2つのコンセプトを創り出しました。 DUST TO DUST Dust to Dust is a project that uses waste as resource, commodity, and infrastructure. The proposal involves a platform that empowers users to redefine the value of waste by providing custom materials produced with new types of recycled concrete, developed by Sakai Lab. Leveraging Sakai Lab's "vegetable concrete", the products are composed of industrial construction waste, bound together by lignin and fibers found in organic waste. The platform is composed of three pillars: Research, Service, and Community. Each of these sections provide tools for users to build material literacy, receive products tailored to their demand, and connect to a wide material network. Applications for this material range from disaster relief, to bespoke installations, to consumer products such as tableware or architectural tiles. The goal of this project is essentially to create a waste material ecosystem which would reinject value into a waste management system that currently is not being leveraged, create revenue from completely new kinds of material interactions, and give individuals the option to reduce the amount of resources they rely on. Dust to Dustは、廃棄物を、資源、商品、インフラ基礎構造として使うプロジェクトです。酒井研究室で開発された特別な素材である新しいタイプのリサイクルコンクリートを通して、廃棄物の持つ価値をユーザーが見出すことができるようにするプラットフォームを提案しました。建築産業の廃材を有機性廃棄物に含まれるリグニンと繊維によって固めた酒井研究室の「植物コンクリート」を活用したものです。 このプラットフォームには3つの柱があります。リサーチ、サービス、コミュニティです。それぞれがユーザーに、素材に関する知識を得るため、オーダーメイドの製品を注文するため、そして、さらに広い素材のネットワークに繋がるためのツールを提供します。この素材は、災害援助から、カスタムメイドのインスタレーション、テーブルウェアや建築用タイル等の一般消費者向けの製品などに利用できます。このプロジェクトの基本的な目標は、現在十分に活用されていない廃棄物管理システムに価値を再注入し、廃棄物のエコシステムを創り出すことです。また、全く新しいタイプの素材の相互作用から利益を生み出すこと、そして、人々に自分が頼っている資源の利用を減らすという選択肢を与えることです。 The amount of byproducts, energy use, CO2 production, and costs reduced from using this material are significant and would represent an immense benefit, both from an environmental and economic point of view. Dust to Dust aims to use cutting edge science, developed at Sakai Lab, to transform industrial waste into a material that is precious and personal. この素材を使う事により、副産物の量、エネルギー消費量、二酸化炭素排出量、そしてコストを大幅に削減する事ができます。環境、経済の視点から計り知れない利益があると思われます。Dust to Dustは酒井研究室で開発された最先端の科学技術により、産業廃棄物を個人にとって貴重な素材に変えることを目指しています。 PIEL PIEL is a concept for dynamic packaging, proposed as replacement of current perishable food plastic packaging. This project was created with the support of Yoshie Lab, currently conducting research on shape memory polymers synthesised from existing materials. PIEL is essentially a new kind of packaging that provides information about the food that it contains by changing patterns or shape. It addresses the portion of food wasted by the industry itself and caused by binary expiration date systems, which affect the perception of freshness and sanitation in consumers. It also tackles food wastage due to quality control and markdowns in long supply chains, particularly for protein-based perishables such as fish or meat. The project is inspired by packaging as it exists in nature, where the peel of fruits indicate information about decay. Using different decay indicators such as pH, bacterial count, and gaseous or chemical changes, the shape memory polymer developed by Yoshie Lab is designed to change appearance. In order to induce behavior change, this new type of packaging would become increasingly smooth to induce desirability in the customers. PIELは、既存の使い捨て食品用プラスチックパッケージの代替品となるダイナミックなパッケージのコンセプトです。このプロジェクトは、既存の素材から合成された形状記憶ポリマーの研究を行っている吉江研究室の協力で創られました。PIELは、基本的にはパッケージの模様や形状の変化により中身の情報を提供する新しいタイプのパッケージです。食品関連企業から出る食品廃棄物、また消費者の鮮度と衛生に関する観念に影響を与えている賞味期限の前か後かという表記システムの結果生み出される食品廃棄物の課題に取り組んだプロジェクトです。魚類や精肉のようなタンパク質ベースの生鮮食品にて特に生じる品質管理と長い輸送や流通過程による価格改定が引き起こす食品廃棄問題にも取り組んでいます。 このプロジェクトは自然のパッケージから発想を得ています。果物の皮は腐敗に関する情報を示します。吉江研究室で開発された形状記憶ポリマーは、ペーハー指数、バクテリア数、ガスや化学物質の変化が品質劣化の指標になり、それにより外見が変化するようデザインされています。消費者の行動様式の変化を促すように、この新しいパッケージはどんどん滑らかになっていき、商品を顧客に受け入れられ易くします。 Food waste due to consumer perception represents nearly 40 000 tonnes in weight and 143 000 barrels of fossil fuels. This project aims to move a rigid binary system to a spectrum where individuals can build a closer relationship to their understanding of time, freshness, and the value of food. 消費者の見方や感じ方が原因となっている食品廃棄は、重量ではほぼ4万トンで、14万3千バレルもの化石燃料消費です。このプロジェクトは賞味期限の前か後かという判断方法から、ひとりひとりが時間経過、鮮度、食品の価値に対してより理解を深めることができる範囲的なものに変えることを目指しています。

OMNI Microplastics Newsletter #1

OMNI Microplastics Newsletter #1

We launched new project - OMNI Microplastics OMNIプロジェクトで海洋マイクロプラスティックへの取り組みを本格始動 東京大学生産技術研究所のDLX Design Labでは地域や外部の人たちも巻き込んだ海洋マイクロプラスティックに関する研究プロジェクトを本格的に開始しました。 近年、国際的な問題になりつつある、海に流出したプラスティックごみが粉々になり目に見えない小さな粒となって海を漂うマイクロプラスティック。 その海洋マイクロプラスティック問題を若い世代に学んでもらうための学習ツールや、幅広い人々に知ってもらうための体験ツールとその機会、さらに海洋マイクロプラスティックの調査や研究に役立つデバイスを、デザイナーと科学者の共創によって開発していくことが今回の新しいプロジェクトの目的です。 このOMNIマイクロプラスティックプロジェクトの第一弾として、目に見えない海洋マイクロプラスティックの問題を、子供から大人まで分かりやすく理解してもらうためのアニメメーションを制作しました。 今後全国展開に向け、小学生から大人向けのワークショップコンテンツの開発と試作テスト、そして新しい研究向けのデバイスの開発と実証実験を、首都圏の海沿いの地域の学校やコミュニティにて行っていきます。 このプロジェクトは、2019年から東京大学と日本財団が共同で進めている「東京大学FSI-日本財団海洋プラスチック研究」の一環として実施されています。 マイクロプラスティックの旅 - マイクロプラスティックのエコシステム解説ビデオ The DLX Design Lab at Institute of Industrial Science, the University of Tokyo has launched an outreach research project about ocean microplastics. Microplastics in the ocean is an international problem. Plastic litter flowed out to the oceans has been shattered into small particles then invisible microplastics have been generated and dispersed into the ocean. We are creating learning tools to make the younger generation aware of microplastics issues, dissemination tools and opportunities to get to know for wider generation, and new prototype devices which will help science research about microplastics in the ocean with the team of designers and scientists. As the first phase of this OMNI Microplastics project, we created an appealing animation video about the general understanding of microplastic issues to wider audiences. We will develop educational workshop contents for wider range audiences - from children to adults, and new microplastic collection devices for science researchers with local seaside communities in the Kanto area. Then we are targeting to spread the principal to the whole nation. This project has been conducted as a part of “FSI Research Project on Marine Plastics in partnership with Nippon Foundation” which was launched by the University of Tokyo and the Nippon Foundation in 2019.

Inspire Talks @Komaba

Inspire Talks @Komaba

日時: 2020年1月23日 17:45 - 19:00 場所: 東京大学生産技術研究所 S棟プレゼンテーションルーム Date & TIme: January 23, 2020 17:45 - 19:00 Place: Presentation room in S-Bldg Institute of Industrial Science The University of Tokyo 第10回Additive Manufacturing(AM)シンポジウムの開催に合わせて、「マニュファクチャリング×デザイン」をテーマにしたトークイベントDLX Inspire Talks @ Komabaを開催します。今回は特別に、東京大学生産技術研究所より、建築デザイナーの今井公太郎教授、インダストリアルデザイナーの山中俊治教授、そしてAMシンポジウムを主催する新野俊樹教授の3名を講師にお招きして、駒場リサーチキャンパス内で行うこととなりました。 本イベントは、上記シンポジウムにお申し込み頂いた皆様だけがご参加いただけるスペシャルなトークイベントとなっています。参加される皆様は当日、トークイベント会場までお越し下さい。 講演: 「PENTA:セルフビルド実験住宅のプロトタイピング 付加製造技術の建築への応用の可能性」 今井 公太郎 東京大学生産技術研究所 教授 「作り方から考える -Additive Manufacturingがもたらすデザインの可能性-」 山中 俊治 東京大学生産技術研究所 教授 「マルチマテリアルAM:樹脂・金属複合構造体が作れるともっといいことがある」 新野 俊樹 東京大学生産技術研究所 教授

OMNI - Ocean Monitoring Network Initiative

OMNI - Ocean Monitoring Network Initiative

私たちは、広大な海に関する情報を、十分に持っているとはいえません。気象の変化による漁獲量や海洋汚染などへの影響を理解するためには、もっと海の情報が必要です。OMNIは、低コストで海に関する様々なデータを取得できるセンシングシステムです。設計図やデータは、オープンソースで誰でもアクセス可能。国際的なコラボレーションを通じて、世界中のデータを取得、共有することができます。詳しい情報はこちら We do not have enough information about the ocean that surrounds us. We need it to understand better about the effects of potential climate change, marine food resources, pollution and a general comprehension of our environment. OMNI is a flexible use, low cost, easily deployable, ocean sensing system to gather detailed and diverse data of the sea. The technology solutions and data are open source and will be shared with anyone. This project can be not carried out alone, it would need meaningful national and international links and collaborators. For more information click here

BIoT - Associated Nature / よりそう自然

BIoT - Associated Nature / よりそう自然

「Associated Nature /よりそう自然」が目指しているのは、あいまいな「自然」という対象に、人が意識的になることです。これまで、身のまわりの植物の健康状態は、すぐ身近にありながらも目には見えませんでしたが、技術の発達により、人がそれをデータとして受取れる未来は、そう遠くはありません。このプロジェクトは「COOL CHOICE※1」推進のための未来に向けたアイデアです。 AI(人工知能)やIoT技術が、私たちの未来を変える研究として注目されています。様々な分野において実用化されつつありますが、人間ではなく「自然の声」を聞くことを目的としたものは、ほとんどありません。このプロジェクトは、地中に存在する「ファンガルネットワーク※2」から読み取れる、植物の健康状態を示すデータを取り出し、それを応用することで、人間と自然とが共生する未来の実現を目指します。 BIoTプロジェクトでは、地域のファンガルネットワークにBIoTデバイスを接続し、自分が住む近隣エリアの「自然の健康状態」を可視化します。例えば、建物の窓に取り付けられたBIoTデバイスにより、近隣の樹木がどのくらいCO2を消費しているのか、水分や栄養は足りているか、天候等によるストレスはないかなどを、常時モニタリングできる仕組みとなっています。 人間の活動やエネルギー消費量に関するデータは、近年急速に普及しつつあるIoTデバイスから収集。そして、日本中のBIoTデバイスからは自然のデータが集められます。この両者のデータは、気象データなどと共にクラウド上に蓄積され、日本全体のスケールで運用されることが考えられます。その結果、例えば、地域や国全体のエネルギー消費量の予報や、植物の健康状態が、日常生活でふれるテレビやインターネットを通じて発信されるようになるのです。 それぞれのデータの相関、人間と自然とが共生するために必要な情報はAIが分析。一人ひとりのどのような行動がエネルギー消費量を減らすことにつながるのかを教えてくれます。「人のための情報」だけでなく、「人と自然のバランスを理解するための情報」を目にすることが、日常の一部となるのです。 人間の生活においては、エネルギー消費量をゼロにすることは、残念ながらほぼ不可能と考えられています。さらにこれまでは「自然にやさしい生活をしよう」とか、「エネルギーを節減する行動をしよう」とかと考えても、その目標も、自然へ与えられる影響も、非常にわかりにくかったのが現実です。しかし、近い未来、正確なデータの収集と的確な解析により、人間の行動によるエネルギー消費量と、自然の状態が情報として可視化されれば、私たちの「となりの自然」に対する具体的な行動を起こす機会も増えるでしょう。 日本には「自然の声に耳を傾ける」という表現があります。植物たちはこれまでも、人々へ何かを伝えようとしてきたのかもしれませんが、その全てを人間には理解できませんでした。しかし先端技術を介すことで、植物たち自らが発する声は、今度こそ人間に届く「声」となります。自然と人間とが本当の隣人として共生できる社会を目指します。 ※1 「COOL CHOICE」とは、2030年度に温室効果ガス排出量を、2013年度比で26%削減するという目標達成のため、地球温暖化対策に資するあらゆる「賢い選択」をしていこうという取り組みです。 ※2 「ファンガルネットワーク」とは菌根菌(多くのキノコ類)が植物同士をつなぐ地中の共生ネットワークのことで、自然界に存在するインターネットのようなもの。キノコ類が地中で菌根(土の中で糸状の菌が、樹木などの植物の根の表面や内部に根を張った状態のこと)を伸ばし、樹木など他の植物の根につながって、共生状態を生み出している。このネットワークを通じて、キノコの菌は土の中の栄養素を植物に提供する代わりに、植物が光合成で作ったエネルギー(糖類などの炭素化合物)を受け取っていることが、すでにわかっている。

Designing Synthesis of KONPEITO

Designing Synthesis of KONPEITO

価値創造デザイン推進基盤では、2017年から価値創造デザイン(DLX)のための新しい試みとして企業とコンソーシアムを構築し推進してきました。その活動の一環として、株式会社構造計画研究所(KKE)と東京大学生産技術研究所(IIS) 小倉研究室・新野研究室、そしてDLX Design Labの分野横断的なコラボレーションによって「金平糖」をプロジェクトテーマとし、金平糖の形状ができるメカニズムを、粉体解析シミュレーションシステム iGRAFを活用して工学的な視点でリサーチし、新たな伝統技術のあり方の創造を試みました。 Design-Led X Platform (DLX), has been building and promoting a consortium with companies as a new approach to Design-Led X (DLX) since 2017. As part of these activities, Kozo Keikaku Engineering Inc (KKE), DLX Design Lab, Ogura Lab, and Niino Lab at the Institute of Industrial Science, the University of Tokyo, collaborated on the project theme of "Kompeito", researching the mechanism of Kompeito formation from an engineering perspective using the granular flow simulation software “iGRAF”, and attempting to create a new form of traditional technology. 3D出力した金平糖プロトタイプ 3D-printed prototype of Konpeito 金平糖の形の秘密 砂糖を結晶化させた日本の伝統的なキャンディである金平糖は、言わば単なる砂糖の塊なのですが、どこか好きになる愛らしい形をしています。なぜあんな突起があるのか?それ自体がデザインなのでは?という疑問が、Konpeitoプロジェクトの始まりでした。金平糖の製造には、実は修行を積んだ職人の高い技術と、とても手間ひまのかかる工程が必要なため現在のビジネススピードに合わず、金平糖の製造会社は年々減少しています。金平糖は、溶けた糖蜜が金平糖の核となる部分にくっつき、そして離れていくことによってその特有な突起が形成されます。それには拡散律速凝集という、雪の結晶などに代表される、自然の中にある、ランダムさの中に規則性のあるアルゴリズムに関係しているといわれています。DLX Design Labのアプローチとしては、そのアルゴリズムを応用してコンピュータプログラミングを行い、実験的な金平糖のプロトタイプをデザインしながら、デザインとしてもっと大きな枠組み、シミュレーションのビジョンやコンセプトを開発して、このプロジェクトにインスピレーションを提供することに注力しました。また、興味深いのは、アルゴリズムを応用すると金平糖と同じような形を作り出すことができ、デザインとサイエンスという異なる分野の中に共通する要素を発見できたことです。 自然のアルゴリズムを応用したコンピュータプログラミングで制作した実験的な金平糖のプロトタイプPrototype of an experimental Konpeito, created by computer programming with the application of natural algorithms. The secret of Kompeito's shape A traditional Japanese candy made of crystallized sugar, Konpeito is just a lump of sugar, so to speak, but it has a shape that we find pleasing. Why does it have such a shape? Isn't that a design in itself? This was the beginning of the Konpeito project. The production of Kompeito requires a high level of skill from trained craftsmen and a very time-consuming process, which is why the number of companies producing Kompeito is decreasing every year. The unique protrusions of Kompeito are formed when molasses sticks to the core of the sugar and then break away. It is believed that this is related to called diffusion-limited aggregation, which is an algorithm in nature, represented by snowflakes, that has regularity in its randomness. The approach of the DLX Design Lab was to apply that algorithm to computer programming and design an experimental Kompeito prototype while focusing on developing a larger framework as a design, a vision, and a concept of simulation to provide inspiration for this project. What is also interesting is that by applying algorithms we were able to create a shape similar to the Kompeito, discovering a common element within the different disciplines of design and science. 自然のアルゴリズムを段階的に応用し形状を比較 Step-by-step application of natural algorithms to compare shapes シミュレーションの可能性 KKEのアプローチとしては、粉体解析シミュレーションシステムiGRAFで釜を可能なかぎり再現し、様々なシミュレーションを試みました。あまり馴染みがないかもしれませんが、シミュレーションはこれまで理論や実験などの検証に使用されてきました。しかし現在は実現の難しい実験の代わりに使用するなど担う領域が拡大し「現実」に近い状態を再現できるようになってきています。このプロジェクトにおいてもコロナ禍の影響などで情報が少ない中、金平糖を製造する釜の中の様子を様々なシミュレーションを試みて実際と近い試作モデルを作り、金平糖製造を行う伝統技術職人、緒方勝さんに意見をもらいながら金平糖の形状ができるメカニズムを学び、環境触媒・材料科学などの異なる分野での価値創造へ繋がる発見をすることができました。 Possibility of simulation KKE's approach was to use the iGRAF powder analysis simulation system to replicate the big pan as closely as possible, and to try various simulations. If you are not familiar with simulation, it has been used to verify theories and experiments. Nowadays, however, simulations are being used in a wider range of fields, such as as a substitute for experiments that are difficult to carry out, and can reproduce conditions closer to "reality". In this project, despite the lack of information due to the effects of the Covid-19 pandemic, we used various simulations to create a prototype model of the inside of the big pan where Kompeito is made, and with the help of Mr. Ogata, we were able to learn about the mechanism behind the formation of the shape of Kompeito, and make discoveries that will lead to the creation of value in different fields such as environmental catalysis and materials science. iGRAFを活用した金平糖製造のシミュレーション Simulation of Konpeito production using iGRAF 伝統技術の未来 400年以上続く伝統技術である金平糖製造を行う緒方製菓の代表取締役、緒方勝さんは金平糖製造に関する全てを一人で統括し、金平糖作りに集中するためブランドを持たず卸専門で行っています。緒方製菓の朝は7:30から始まります。冬の寒い日、室内は40度。緒方さんはそんな環境で30年以上金平糖作りを続けており、業績はほぼ右肩あがりで技術の高さをうかがわせます。ただ、今でも職人として自分の技術に伸び代があると考えていて、跡取り問題やスタッフマネージメントと、自分の技術を磨くバランスが課題だそうです。伝統技術は暗黙知とも呼ばれ、データ化が難しい世の中を構成する知性の一つです。伝統技術は廃れていくこともありますが、分野横断的なコラボレーションで情報と体験をシェアして互いの暗黙知に意識を向け、相乗的に知を高めあうこともできます。集団で高めた知は集合知となり、個人だけでは到底到達できない力を持ちます。このプロジェクトにおいても、伝統技術職人の緒方さんが加わったコラボレーションによって、環境触媒・材料科学などの異なる分野での価値創造へ繋がる発見をすることができました。IIS 小倉賢教授の専門分野である、環境触媒・材料科学は、たくさんの穴がある多孔質材料を活かし、環境・資源・エネルギーなどの問題にアプローチしています。そして金平糖の核に対して結晶が成長し、成長の方位や速度をコントロールすることで突起ができるといった、小倉研究室が普段ナノメータ、マイクロメータのサイズでコントロールしている技術が、意外にも金平糖の伝統的な製造技術として目に見えるサイズで使われていることがわかりました。この発見はさらなる発展を期待されており、研究者の知識と企業の技術力、そして減少しつつあった伝統技術が、DLX Design Labを介して新たな価値の創造に繋がりはじめています。 金平糖製造の様子(緒方製菓にて撮影) Production of Konpeito (filmed at Ogata Seika) The future of traditional technology Masaru Ogata, President of Ogata Confectionery, is responsible for all aspects of the production of Kompeito, a traditional technique that has been used for over 400 years. The morning at Ogata Confectionery starts at 7.30am. On a cold winter's day, the temperature in the room is 40 degrees. Mr. Ogata has been making Kompeito for more than 30 years in such an environment, and his business performance has risen almost steadily, showing the high level of his skills. However, as a craftsman, he still believes that there is room for growth in his skills, and the challenge is to find the right balance between his successor, staff management, and honing his own skills. Traditional skills are also known as tacit knowledge, one of the intelligences that make up a world that is difficult to capture in data. Although traditional skills can become obsolete, it is possible to share information and experiences in cross-disciplinary collaborations to raise awareness of each other's tacit knowledge and synergistically enhance it. Collective knowledge has a power that cannot be attained by individuals alone. In this project, the collaboration with Mr. Ogata, who is a traditional craftsman, allowed us to make discoveries that lead to value creation in different fields such as environmental catalysis and materials science. Professor Ken Ogura of IIS specializes in environmental catalysis and materials science, approaching issues such as the environment, resources, and energy by making use of porous materials with many holes. The technology that Ogura Lab usually controls at the nanometer and micrometer scales, such as the growth of crystals against the core of Kompeito and the formation of protrusions by controlling the orientation and speed of growth, was surprisingly found to be used at a visible size in the traditional production of Kompeito. This discovery holds great promise for further development, and through the DLX Design Lab, the knowledge of researchers, the technical skills of companies, and the dwindling traditional techniques are beginning to lead to the creation of new value. 金平糖と3D出力した金平糖プロトタイプ Original Konpeito and 3D output Konpeito prototypes Professor Masaru Ogura Institute of Industrial Science, The University of Tokyo. Professor Toshiki Niino Deputy Director of the Design-Led X Platform Institute of Industrial Science, The University of Tokyo. Midori Yamazaki Creative Director / Project Researcher DLX Design Lab Institute of Industrial Science, The University of Tokyo. Kenji Yamaguchi Product Manager SBD Engineering Dept. Kozo Keikaku Engineering Inc. Masaru Ogata President Ogata Seika Ltd.

Kuma Exhibition 2019

Kuma Exhibition 2019

展覧会のお知らせです。RCA×IIS Tokyo Design Labのプロジェクト出身の学生4名が、公益財団法人クマ財団(東京都渋谷区、理事長 馬場功淳、以下 クマ財団)の「クリエイター奨学金」奨学生に選ばれました。その成果をKUMA EXHIBITION 2019にて展示します。その他にも同展では、バラエティ豊かな学生クリエイター50名による作品もご覧いただけます。お誘いあわせの上、ぜひお越しください。

杉原寛 - 山中研
磯部宏太 - 今井研
江川主民 - 中野研(卒)
岡本圭介 - 野城研


期間:2019年3月21日(木)~3月24日(日)

時間:11:00~20:00 ※詳細は以下のサイトにてご確認ください。

会場:〒107-0062 東京都港区南青山5-6-23 スパイラルガーデン、スパイラルホール

料金:入場無料

展示会公式サイト:https://kuma-foundation.org/exhibition2019 We are exited to invite you to the "2019 Kuma Exhibition"! The Kuma Foundation provides a scholarship aimed at fostering student creators founded by Naruatsu Baba, CEO of COLOPL, Inc. This year, 4 research students (RCA×IIS Tokyo Design Lab Micro-Lab Alumni) were selected for the 2nd scholarship and will present their works at the 2019 Kuma Exhibition next week. Works from the following creators will be presented: Hiroshi Sugihara - Yamanaka Lab, IIS Kota Isobe - Imai Lab, IIS
Kazumi Egawa - Nakano Lab, IIS (Alumni), Rekimoto Lab, III (Present) Keisuke Okamoto - Yashiro Lab, IIS Date: 21/03/2019 - 24/03/2019 Opening Time: 11:00-20:00 Venue: Spiral, Aoyama, Tokyo Free Admission Website: https://kuma-foundation.org/exhibition2019 #Exibition #design #Kuma #event #collaboration #installation

Sample Members-Only Vip Post

Sample Members-Only Vip Post

中き日長でトよせ読測ぎさスわ良特わ全切分クヲヤ昨集ウ検9面ミセ字上ずぞフう辺総覧とむ創暮へ都7尚テ械結いだ属休企超ぶ。中オルネ聞命ぼ碁規扱スヘ日愛くフぱ陽72菜タシ第力レウ三能ヤ加専ンぽフイ望記うだ度82秋とおト願合天危ド。金供イヲ将調ゅほけぞ面本図スゅ速領ハ力央作ぎ風健ツ申稿ホ作開探へリ間稿意きれ小調アイトシ金田数懐蓄の。

驚くべき新しい投稿

驚くべき新しい投稿

hi? here is a post! we welcome new members!! lalalla!! More text comes here. It can also be in Japanese. 京王6000系電車は、京王電鉄京王線用の通勤形電車である。1972年から1991年に304両が製造され、 2011年まで運用された。都営地下鉄新宿線乗り入れを前提に設計され、京王で初めて20 m級の車体を採用した。京王線全線・都営地下鉄新宿線で運用されたのち、1998年から2011年3月にかけて事業用車に改造された3両と静態保存された1両を除いて廃車・解体された。 三多摩地区開発による沿線人口の増加、相模原線延伸による多摩ニュータウン乗り入れ、都営地下鉄10号線(後の都営地下鉄新宿線、以下、新宿線と表記する)乗入構想により、京王線の利用客増加が見込まれ、相当数の車両を準備する必要に迫られるなか、製造費用、保守費用を抑えた新型車両として6000系が構想された。 And a bit more text for the summary.
Lorem Ipsum is simply dummy text of the printing and typesetting industry. Lorem Ipsum has been the industry's standard dummy text ever since the 1500s, when an unknown printer took a galley of type and scrambled it to make a type specimen book. It has survived not only five centuries, but also the leap into electronic typesetting, remaining essentially unchanged. It was popularised in the 1960s with the release of Letraset sheets containing Lorem Ipsum passages, and more recently with desktop publishing software like Aldus PageMaker including versions of Lorem Ipsum.