My Items

I'm a title. ​Click here to edit me.

Making Environmental Data Relatable

Making Environmental Data Relatable

These projects were developed for Toyoshima , as a collaboration between Design Lab and Takeuchi Lab. The goal of both these collaborations was to create tools and experiences for making large-scale remote sensing data more relatable, understandable, and useful for the wider public. これらのプロジェクトは、デザインラボと竹内研究室のコラボレーションとして、豊島ライフスタイル寄付研究部門のために発展させたものです。プロジェクトの目的は、大規模なリモートセンシングのデータを、多くの人々のために、関連付けられた、理解しやすい、そして役に立つものとするための、ツールを創り、実際の経験を提供することです。 IN PRAISE OF SHADOWS In Praise of Shadows is a virtual forest explorer that is designed to encourage sustainable behavior. The project focuses on forest reflectance simulation research led by remote sensing researcher Takumi Fujiwara, which uses shadow parameters to estimate 3D models of forests. The platform serves as a repository of detailed explorable forests across the globe, which can be visited through the perspective of other animals. It also offers users the possibility to visualize their own carbon footprint by simulating a forest from estimates of their resource consumption. 「In Praise of Shadows」は、持続可能な行動を促すためにデザインされた、バーチャルフォレストを探索するツールです。このプロジェクトでは、リモートセンシングの研究者である藤原匠さんが主導する森林の反射率シミュレーション研究に焦点を当て、陰影のパラメータから推測した森林の3Dモデルを創っています。このプラットフォームは、探索可能な世界中の森林モデルの詳細を保管していて、それらの森林を他の動物の視点を通しても体験することができます。また、ユーザーの資源消費量を推定して森林をシミュレートすることで、個人の二酸化炭素排出量を可視化することもできます。 BIRDSEYE Birdseye is a crowdsourced information platform that connects disparate stories through environmental data. The platform, developed with remote sensing researchers, allows users to pair each post with a geospatial dataset. By doing so, the project provides both cultural context to data and evidence to stories. The goal of the collaboration was to democratize access to spatial analysis tools and propose alternative ways for individuals to perceive the complex relationships between global events, personal narratives, and environmental changes. 「Birdseye」は、環境データを介して異なるストーリーをつなぐ、クラウドソースの情報プラットフォームです。リモートセンシングの研究者と共同で開発したこのプラットフォームでは、ユーザーがそれぞれの投稿を地理空間データセットと組み合わせることができます。これにより、データにはその文化的背景をストーリーにはそれを裏付ける情報を提供することができます。このコラボレーションの目的は、空間分析ツールへのアクセスを多くの人々に提供し、世界的な出来事、個人的な物語、環境変化との間の複雑な関係を個人が認識するための新たな方法を提案することでした。 Both projects were prototyped and tested with users of different backgrounds, ages, and nationalities to collect feedback and refine the final output. 両プロジェクトでは、作成した試作品を様々な背景、年齢、国籍を持つユーザーを対象にテストを行い、感想や意見を集めて、最終的なかたちへと改良しました。

Innovation Seeds List

Innovation Seeds List

エアマスク − 空気の流れで、ウィルスを吸い込むのを防ぐエアマスク COVID-19は、私たちに恐怖をもたらし、世界の既成概念を根本から破壊してしまいました。でもポジティブな面から観てみると、私たちの視点を変えて、今後より良く生きるためのアイデアを様々な分野において残していったといえます。しかし喉元を過ぎれば熱さを忘れてしまう私たち人間が、直接的な問題が収束するにつれせっかく思いついたアイデアを忘れてしまわないようにするにはどうしたらよいでしょうか。 COVID-19 has brought us fear and has fundamentally destroyed the preconceptions of the world. But on the positive side, it has changed our perspective and left us with ideas on how to live better in the future, in many areas. But what can we do to make sure that we don't forget the ideas we've had as the immediate problems come to an end? 呼吸する建築 − 自らを変形させて空気を換気する建物 「Innovation Seeds List」はそんな考えを基に行ったプロジェクトです。東京大学生産技術研究所(IIS) DLX Design Labの「Design Thinking」を活用して、COVID-19に関する問題に対してコンセプト・アイデアを開発して総覧を作り、直接的な問題解決だけでなく、今後のイノベーションを誘発するThought-starterとしても活用し、未来の研究に役立てていくことを目的として、新型コロナウイルス感染症対策のための研究活動支援によって行われました。 The "Innovation Seeds List" is a project based on this idea. Using "Design Thinking" in the DLX Design Lab of the Institute of Industrial Science (IIS) at the University of Tokyo, we have developed a list of concepts and ideas for COVID-19 problems, which will be used not only for direct problem solving, but also as a Thought-starter for future innovation. The aim of the project was to develop a comprehensive overview of the COVID-19 problem and to use it not only as a direct solution to the problem, but also as a thought-starter to stimulate future innovation. This was done by supporting research activities to combat new coronavirus infections. エアカーテン − 公共交通機関において人との間の空気の流れをコントロールする事ができる プロセスとしては、IISの12研究室に協力を得て、コロナ禍の中、オンラインでトレジャーハンティングと名付けている研究室へのヒアリング、そしてワークショップを行い、デザイナーと研究者という学際的なメンバーにてコンセプト・アイデアを出し合い、オンライン上にマインドマップとイラスト化したアイデア総覧をまとめたデジタルインタラクティブプラットフォームを制作しました。また緊急・直接的な問題はWith Corona、そして将来的に応用できるアイデアはPost Coronaとして分類しています。例えば今回世界中の人が経験している「外界に生命の危機があるため限られた空間で生活しなければならない」とういう問題は、想像力次第で、Post Coronaのアイデアとして宇宙関連分野に活用できる訳です。 The process involved interviews and workshops with twelve IIS laboratories, which we called "treasure hunting" online in the coronavirus crisis. We created a digital interactive platform with a mind map and a list of illustrated ideas. We categorised urgent and immediate problems as With Corona, and ideas that could be applied in the future as Post Corona. For example, the problem that people all over the world are experiencing at the moment, of having to live in a confined space due to the threat of life in the outside world, can be used as a Post Corona idea in the space-related field, with your imagination. プライベートエアースペース − 避難所で他人の臭いを避け各個人の空間を維持できるエアコン 今回コラボレーションした研究者の一人、長谷川洋介准教授の専門分野は界面輸送工学で、身近なところに様々な姿で存在している流体、空気・水・血液などや、その流れに伴う熱や物質の輸送現象を、結果から原因を探る逆解析という数学的手法を使って自在に制御する研究をしています。様々な新しい価値観が生まれている中、COVID-19問題に大きく関連する空気の価値も変わってきています。今後は空気を制御する技術がさらに発展して、もっと大きなスケールでの空気の流れである「風」をデザインして、夏の夕暮れの心地良い海風を再現することができるようになるかもしれません。そしてこれらのイノベーションの種が、コロナ禍で大変な思いをした世界中の人たちの経験を糧にして少しずつ育っていくことを願います。 One of our collaborators, Associate Professor Yosuke Hasegawa, specialises in interfacial transport engineering, the study of the transport of fluids, such as air, water, and blood, which exist in various forms in our daily lives, and associated transport of heat and various chemical species, using the mathematical techniques of inverse analysis to find the causes from the results. The value of air, which is of great relevance to the COVID-19 issue, is also changing as new values emerge. In the future, the technology to control air will be further developed, and we may be able to design "wind", the flow of air in a larger scale, to reproduce a pleasant sea breeze at sunset in summer. And we hope that the seeds of these innovations will gradually grow from the experiences of people all over the world who have suffered so much from the coronavirus crisis. With CORONAのIDEA Innovation Seed List https://innovation-dev.herokuapp.com/index.html https://innovation-dev.herokuapp.com/cards-jp.html Midori Yamazaki Creative Director / Project Researcher DLX Design Lab Institute of Industrial Science, The University of Tokyo. Satoshi Maruyama Illustrator

OMNI Microplastics

OMNI Microplastics

OMNI Microplastics website has been launched. マイクロプラスチックについて知ろう!市民参加型マイクロプラスチック調査研究 OMNI Microplasticsプロジェクトのウェブサイトがラウンチされました。
これからこのサイトを通じてデバイス開発の様子や、マイクロプラスチック採取方法デザインの進捗等 プロジェクトのアップデートを公開していくのでよろしくお願いします。 https://www.omni-mp.designlab.ac/

AICOM won at Japan Media Art Festival

AICOM won at Japan Media Art Festival

AICOMが2021年メディア芸術祭審査委員会推薦作品に選出。

Our lab project, gaze estimation AI citizen science project -AICOM has been received, judge recommendation award, Japan Media Art Festival 2021 AICOMが2021年メディア芸術祭審査委員会推薦作品に選出 東大生研デザインラボと菅野研究室の共同研究で行っていた視線推定の機械学習AIを皆でデータを取って双方型に学びながら作っていくAICOMプロジェクトが第24回 文化庁メディア芸術祭 エンターテイメント部門 審査委員会推薦作品賞に選出されました。 プロジェクトにご協力頂いた皆様、本当にありがとうございました。市民の皆様と関わり合いながら育てていくプロジェクトになりますので、今後ともよろしくお願いいたします。

文化庁メディア芸術祭リンク https://j-mediaarts.jp/award/entertainment/

AICOM リンク
https://www.designlab.ac/post/aicom-democratised-and-co-creative-ai-research

AI x Gender online workshop

AI x Gender online workshop

3月3日(水)、5日(金)にAI x Gender online workshop with Design Thinking デザイン思考で考えるAIとジェンダー オンラインワークショップをDLXデザインラボと東京大学Beyond AI研究推進機構B’AIグローバルフォーラム、東京大学Beyond AI研究推進機構、東京大学生産技術研究所DLX Design Lab、東京大学国際総合力認定制度 (Go Global Gateway)の共同の主催として開催されました。 AIとジェンダーをめぐる様々な課題を発見し、それについて考えよりよい未来の実現のために自分たちで何ができるのか、クリエイティブなアイデアを出し合う事が本ワークショップの目的。国際総合力認定制度の一環として行われ、学部生の国際教養力を高める事も目的の一つでもあったため英語環境のオンラインワークショップとして開催され、東京大学情報学環の学部生1〜3年生24名が参加しました。 デザインラボのペニントン教授とDLX デザインラボ/情報学環林香里研究室の特任研究員の左右田智美のイントロダクションの後に、インプットセッションとして、AIとジェンダーについての研究の最新の事例をAIとジェンダーとデザイン思考のプロセスについての研究発表を行いました。 登壇者は東京大学情報学環林研究室の林香里教授がジェンダーとAIについての人文科学研究視点からの発表、東京大学生産技術研究所の菅野研究室の菅野准教授からAIとマイノリティの科学側の研究発表を、デザイン思考や体験のデザインのプロセスについての研究発表を左右田が行いました。

デザインラボメンバーのファシリテーションの元、オンラインホワイトボード「MIRO」を用いてアイデアを具現化し、インプット、アイディエーションのプロセスを経て、最終的には具体的な解決策のイメージを発表。4時間という短時間ながら、社会からの孤独から脱却、自分がなりたい声質に変化できるツール、AIの力で平等に意思決定ができるようにするツール等、最終的には4つのチームが、様々な学生視点の新鮮なアイデアが生まれました。 ワークショプの最後には全体講評が行われ、英語環境やデザイン思考が初めての学生も積極的に参加し、今後の学生の国際的に活躍するためのきっかけを作りました。 AI x Gender Online Workshop with Design Thinking The AI x Gender online workshop with Design Thinking was held on 3rd & 5th March 2021. The collaborators on this activity were DLX Design Lab; B’AI Global Forum at the Institute for AI and Beyond at The University of Tokyo, and the Go Global Gateway at The University of Tokyo (GGG). The purpose of the workshop was to explore various issues surrounding AI and gender, and to come up with creative ideas on what we can do about them and realise a better future. The workshop was held as a part of the Go Global Gateway. It was held as an online workshop in English and 24 undergraduate students from The University of Tokyo's Interfaculty Initiative in Information Studies participated. After an introduction by Professor Pennington and Design Researcher Tomomi Sayuda at DLX Design Lab an input session was held about the latest research on AI and gender issues from both a humanities and a scientific point of view. Professor Kaori Hayashi at Hayashi Laboratory, gave a presentation on gender and AI from the perspective of humanities research. Then Associate Professor Sugano of the Institute of Industrial Science gave a presentation on the science side of AI and minorities. Finally Tomomi Sayuda gave a presentation on design thinking and the process of designing experiences. DLX Design Lab team facilitated the event and student participants used the online whiteboard “MIRO" to record their ideas. Through the process of input and ideation, they finally presented their images of concrete solutions. Despite the short time of only 4 hours, the four teams came up with fresh ideas from various perspectives, such as breaking away from social isolation; tools that allow you to change your voice to the one you want to be; and tools that allow you to make decisions equally with the power of AI. At the end of the workshop, a general critique was given, and students who were new to the English environment and design thinking actively participated, creating an opportunity for future students to be active internationally.

Designing Synthesis of KONPEITO

Designing Synthesis of KONPEITO

価値創造デザイン推進基盤では、2017年から価値創造デザイン(DLX)のための新しい試みとして企業とコンソーシアムを構築し推進してきました。その活動の一環として、株式会社構造計画研究所(KKE)と東京大学生産技術研究所(IIS) 小倉研究室・新野研究室、そしてDLX Design Labの分野横断的なコラボレーションによって「金平糖」をプロジェクトテーマとし、金平糖の形状ができるメカニズムを、粉体解析シミュレーションシステム iGRAFを活用して工学的な視点でリサーチし、新たな伝統技術のあり方の創造を試みました。 Design-Led X Platform (DLX), has been building and promoting a consortium with companies as a new approach to Design-Led X (DLX) since 2017. As part of these activities, Kozo Keikaku Engineering Inc (KKE), DLX Design Lab, Ogura Lab, and Niino Lab at the Institute of Industrial Science, the University of Tokyo, collaborated on the project theme of "Kompeito", researching the mechanism of Kompeito formation from an engineering perspective using the granular flow simulation software “iGRAF”, and attempting to create a new form of traditional technology. 3D出力した金平糖プロトタイプ 3D-printed prototype of Konpeito 金平糖の形の秘密 砂糖を結晶化させた日本の伝統的なキャンディである金平糖は、言わば単なる砂糖の塊なのですが、どこか好きになる愛らしい形をしています。なぜあんな突起があるのか?それ自体がデザインなのでは?という疑問が、Konpeitoプロジェクトの始まりでした。金平糖の製造には、実は修行を積んだ職人の高い技術と、とても手間ひまのかかる工程が必要なため現在のビジネススピードに合わず、金平糖の製造会社は年々減少しています。金平糖は、溶けた糖蜜が金平糖の核となる部分にくっつき、そして離れていくことによってその特有な突起が形成されます。それには拡散律速凝集という、雪の結晶などに代表される、自然の中にある、ランダムさの中に規則性のあるアルゴリズムに関係しているといわれています。DLX Design Labのアプローチとしては、そのアルゴリズムを応用してコンピュータプログラミングを行い、実験的な金平糖のプロトタイプをデザインしながら、デザインとしてもっと大きな枠組み、シミュレーションのビジョンやコンセプトを開発して、このプロジェクトにインスピレーションを提供することに注力しました。また、興味深いのは、アルゴリズムを応用すると金平糖と同じような形を作り出すことができ、デザインとサイエンスという異なる分野の中に共通する要素を発見できたことです。 自然のアルゴリズムを応用したコンピュータプログラミングで制作した実験的な金平糖のプロトタイプPrototype of an experimental Konpeito, created by computer programming with the application of natural algorithms. The secret of Kompeito's shape A traditional Japanese candy made of crystallized sugar, Konpeito is just a lump of sugar, so to speak, but it has a shape that we find pleasing. Why does it have such a shape? Isn't that a design in itself? This was the beginning of the Konpeito project. The production of Kompeito requires a high level of skill from trained craftsmen and a very time-consuming process, which is why the number of companies producing Kompeito is decreasing every year. The unique protrusions of Kompeito are formed when molasses sticks to the core of the sugar and then break away. It is believed that this is related to called diffusion-limited aggregation, which is an algorithm in nature, represented by snowflakes, that has regularity in its randomness. The approach of the DLX Design Lab was to apply that algorithm to computer programming and design an experimental Kompeito prototype while focusing on developing a larger framework as a design, a vision, and a concept of simulation to provide inspiration for this project. What is also interesting is that by applying algorithms we were able to create a shape similar to the Kompeito, discovering a common element within the different disciplines of design and science. 自然のアルゴリズムを段階的に応用し形状を比較 Step-by-step application of natural algorithms to compare shapes シミュレーションの可能性 KKEのアプローチとしては、粉体解析シミュレーションシステムiGRAFで釜を可能なかぎり再現し、様々なシミュレーションを試みました。あまり馴染みがないかもしれませんが、シミュレーションはこれまで理論や実験などの検証に使用されてきました。しかし現在は実現の難しい実験の代わりに使用するなど担う領域が拡大し「現実」に近い状態を再現できるようになってきています。このプロジェクトにおいてもコロナ禍の影響などで情報が少ない中、金平糖を製造する釜の中の様子を様々なシミュレーションを試みて実際と近い試作モデルを作り、金平糖製造を行う伝統技術職人、緒方勝さんに意見をもらいながら金平糖の形状ができるメカニズムを学び、環境触媒・材料科学などの異なる分野での価値創造へ繋がる発見をすることができました。 Possibility of simulation KKE's approach was to use the iGRAF powder analysis simulation system to replicate the big pan as closely as possible, and to try various simulations. If you are not familiar with simulation, it has been used to verify theories and experiments. Nowadays, however, simulations are being used in a wider range of fields, such as as a substitute for experiments that are difficult to carry out, and can reproduce conditions closer to "reality". In this project, despite the lack of information due to the effects of the Covid-19 pandemic, we used various simulations to create a prototype model of the inside of the big pan where Kompeito is made, and with the help of Mr. Ogata, we were able to learn about the mechanism behind the formation of the shape of Kompeito, and make discoveries that will lead to the creation of value in different fields such as environmental catalysis and materials science. iGRAFを活用した金平糖製造のシミュレーション Simulation of Konpeito production using iGRAF 伝統技術の未来 400年以上続く伝統技術である金平糖製造を行う緒方製菓の代表取締役、緒方勝さんは金平糖製造に関する全てを一人で統括し、金平糖作りに集中するためブランドを持たず卸専門で行っています。緒方製菓の朝は7:30から始まります。冬の寒い日、室内は40度。緒方さんはそんな環境で30年以上金平糖作りを続けており、業績はほぼ右肩あがりで技術の高さをうかがわせます。ただ、今でも職人として自分の技術に伸び代があると考えていて、跡取り問題やスタッフマネージメントと、自分の技術を磨くバランスが課題だそうです。伝統技術は暗黙知とも呼ばれ、データ化が難しい世の中を構成する知性の一つです。伝統技術は廃れていくこともありますが、分野横断的なコラボレーションで情報と体験をシェアして互いの暗黙知に意識を向け、相乗的に知を高めあうこともできます。集団で高めた知は集合知となり、個人だけでは到底到達できない力を持ちます。このプロジェクトにおいても、伝統技術職人の緒方さんが加わったコラボレーションによって、環境触媒・材料科学などの異なる分野での価値創造へ繋がる発見をすることができました。IIS 小倉賢教授の専門分野である、環境触媒・材料科学は、たくさんの穴がある多孔質材料を活かし、環境・資源・エネルギーなどの問題にアプローチしています。そして金平糖の核に対して結晶が成長し、成長の方位や速度をコントロールすることで突起ができるといった、小倉研究室が普段ナノメータ、マイクロメータのサイズでコントロールしている技術が、意外にも金平糖の伝統的な製造技術として目に見えるサイズで使われていることがわかりました。この発見はさらなる発展を期待されており、研究者の知識と企業の技術力、そして減少しつつあった伝統技術が、DLX Design Labを介して新たな価値の創造に繋がりはじめています。 金平糖製造の様子(緒方製菓にて撮影) Production of Konpeito (filmed at Ogata Seika) The future of traditional technology Masaru Ogata, President of Ogata Confectionery, is responsible for all aspects of the production of Kompeito, a traditional technique that has been used for over 400 years. The morning at Ogata Confectionery starts at 7.30am. On a cold winter's day, the temperature in the room is 40 degrees. Mr. Ogata has been making Kompeito for more than 30 years in such an environment, and his business performance has risen almost steadily, showing the high level of his skills. However, as a craftsman, he still believes that there is room for growth in his skills, and the challenge is to find the right balance between his successor, staff management, and honing his own skills. Traditional skills are also known as tacit knowledge, one of the intelligences that make up a world that is difficult to capture in data. Although traditional skills can become obsolete, it is possible to share information and experiences in cross-disciplinary collaborations to raise awareness of each other's tacit knowledge and synergistically enhance it. Collective knowledge has a power that cannot be attained by individuals alone. In this project, the collaboration with Mr. Ogata, who is a traditional craftsman, allowed us to make discoveries that lead to value creation in different fields such as environmental catalysis and materials science. Professor Ken Ogura of IIS specializes in environmental catalysis and materials science, approaching issues such as the environment, resources, and energy by making use of porous materials with many holes. The technology that Ogura Lab usually controls at the nanometer and micrometer scales, such as the growth of crystals against the core of Kompeito and the formation of protrusions by controlling the orientation and speed of growth, was surprisingly found to be used at a visible size in the traditional production of Kompeito. This discovery holds great promise for further development, and through the DLX Design Lab, the knowledge of researchers, the technical skills of companies, and the dwindling traditional techniques are beginning to lead to the creation of new value. 金平糖と3D出力した金平糖プロトタイプ Original Konpeito and 3D output Konpeito prototypes Professor Masaru Ogura Institute of Industrial Science, The University of Tokyo. Professor Toshiki Niino Deputy Director of the Design-Led X Platform Institute of Industrial Science, The University of Tokyo. Midori Yamazaki Creative Director / Project Researcher DLX Design Lab Institute of Industrial Science, The University of Tokyo. Kenji Yamaguchi Product Manager SBD Engineering Dept. Kozo Keikaku Engineering Inc. Masaru Ogata President Ogata Seika Ltd.

Paper as Power, Sensor, and Interface

Paper as Power, Sensor, and Interface

This project was developed for Toyoshima , as a collaboration between Design Lab and Yagi Lab. The project development process was entirely experiment driven and the final proposal is the result of cross-disciplinary exploration, discussions, and ideation. このプロジェクトは、豊島ライフスタイル寄付研究部門のためにDLX Design Labと八木研究室が共同で開発したものです。プロジェクトの開発プロセスはすべて実験に基づいて行われ、最終的な提案は学際的な探求、議論、アイデアの結果です。 PROBES Probes is an exploration of paper batteries developed by Yagi Lab, as a source of power for disposable diagnostic devices. The project proposes an alternative to existing diagnostic technologies by combining a paper battery, a sensor, and a simple indicator - all made from disposable materials. These components were used to conceive a low-power, single use diagnostic tool, which would make testing devices more accessible and more sustainable. The initial idea was create a new kind of battery that would not be limited by any form or size. The development process led the team to produce a paintable battery, which could be applied to flexible materials such as paper. Different types of battery electrodes were tested, including zinc, aluminum, and Prussian blue analogs. The team discovered that one key application area for these batteries could be disposable diagnostics, since the batteries had a unique activation process after which they could no longer produce power. Since a range of batteries were explored throughout the project with different properties and power outputs, the resulting paper diagnostic tools were designed to be versatile and adaptable to many different situations. They include portable sensor tools for nutritional testing, passive sensors for environmental testing, and active diagnostics for medical testing. Probesは、使い捨て診断装置の電源として、八木研究室が開発した紙バッテリーを使う試みです。このプロジェクトでは、処分が容易な素材で作られている紙バッテリー、センサー、簡易表示器を組み合わせて、既存の診断機器の代替品を提案しています。これらの部材を用いて、使い捨ての低消費電力診断ツールを考案し、検査装置をより身近で持続可能な社会に資するものにすることを目指しました。 最初のアイデアは、形状やサイズにとらわれない新しいタイプの電池を作ることでした。開発プロセスでは、紙などの柔軟性のある素材に塗ることができる電池を開発しました。亜鉛、アルミニウム、プルシアンブルー類似体など、さまざまなタイプの電池電極が試されました。紙バッテリーには特有の活性化プロセスがあり使用後には再発電ができないことから、研究チームは、使い捨ての診断装置がこれらの電池の重要な応用分野の1つとなりうることを見出しました。このプロジェクトでは異なる特性と出力を持つ幅広い種類のバッテリーを研究対象としたため、結果として得られた紙製の診断ツールは、汎用性が高く、さまざまな状況に適応できるようにデザインされています。その中には、栄養検査用の持ち運び可能な検出器、環境検査用の受動型センサー、医療検査用の能動型診断ツールが含まれています。 The project was made possible through an experiment driven process with Yagi Lab consisting of about 70 different experiments conducted with researchers of both labs. The proof of concept was a test rig indicating the properties of paper batteries powering an LED. This set up showed the potential of paper-based batteries to be used in conjunction with low-power commercial electronics. このプロジェクトは、八木研究室との実験主導型のプロセスによって実現したもので、両研究室の研究者と約70種類の実験を行いました。概念実証は、LEDに電力を供給する紙バッテリーの性質を示す試験装置で行いました。これにより、紙バッテリーを低電力消費の市販の電子機器と組み合わせて使用できる可能性が示されました。

Biodiversity-driven Consumption

Biodiversity-driven Consumption

This project was developed for Toyoshima , with the aim of using scientific research to support more sustainable businesses and consumer behaviors. Design Lab collaborated with Kitazawa Lab to create a concept proposing a new form of aquaculture enabled by data and fostering biodiversity. 本プロジェクトは、科学的研究を活用して、より持続可能なビジネスや消費行動を支援することを目的とした、豊島ライフスタイル寄付研究部門のためのプロジェクトです。DLX Design Labは北澤研究室と共同で、データを活用した生物多様性を育む新しい養殖の形を提案するコンセプトを作成しました。 ALMANAC Almanac is a biodiversity-driven aquaculture system supporting Kitazawa Lab 's research on a new sustainable marine food production method, called integrated multitrophic aquaculture (IMTA). This technology accelerates growth in aquacultures without detrimental side effects by converting the byproducts of certain organisms into nutrients for other organisms, thereby reducing eutrophication and increasing economic diversification. IMTA is dependent on the presence and interactions of multiple animals because it reproduces the nutrient cycles of the natural environment. Therefore, it promotes biodiversity and bioremediation, making it possible to produce fish in a sustainable way. This project aims to facilitate such forms of eco-conscious aquaculture by providing a digital market platform and a variety of new marine consumer products. The digital platform empowers users to build a community by giving them the means to track aquacultures remotely and allowing them to directly purchase goods from fish farms. These shortened transactions give more independence to producers and provide customers with product traceability through local ingredients that are more seasonal, fresh, and safe. The collection of products were created to show consumers the many ways they can use lesser known marine species such as algae, sea cucumber, or annelids. With these new tools, these animals can be used in a variety of areas in daily life, from food to energy, to health. Almanacは、北澤研究室の新しい持続可能な海洋食品生産方式である複合養殖(IMTA)の研究を支援する生物多様性に基づいた養殖システムです。この技術は、特定の生物の副産物を他の生物の養分に変換し、富栄養化を減らし、また経済的な多様性を高めることで、有害な副次的影響を引き起こさずに養殖業の発展を促進するものです。IMTAは自然環境の養分循環を再現するものであるため、複数の動物の存在とその相互作用に依存しています。つまり、生物多様性とバイオレメディエーションを促進し、持続可能な方法で魚を生産することが可能になります。 本プロジェクトでは、デジタル市場用のプラットフォームと様々な新しい消費者向け水産製品を提供することで、環境に配慮した養殖を促進することを目的としています。デジタルプラットフォームは、ユーザーが遠隔で養殖の状況を観察したり、養殖場から直接商品を購入する手段を提供することで、コミュニティを構築することを可能にします。これらの産地と直結した取引は、生産者の自立性を高め、より旬の新鮮で安全な地元の素材とトレーサビリティーを顧客に提供します。藻類、ナマコ、環形動物など、あまり知られていない海洋生物を利用する多くの方法を消費者に示すために一連の製品が作られました。これらの新しいツールを使えば、この生物種たちを、食からエネルギー、健康まで、日常生活の様々な分野で活用することができます。 The properties and functions of various marine organisms - ranging from sea cucumbers to bivalves - were examined and documented in an infographic. Through this research, a number of new products were proposed with the goal of increasing demand for biodiverse aquaculture. For example, algae could be integrated into a hand-held lamp, while sea cucumber could be used for a new alternative healing kit. ナマコから二枚貝に至るまで、さまざまな海洋生物の特性と機能を調べ、インフォグラフィックで記録しました。このリサーチを通じて、生物多様性を備えた養殖への需要を増やすことを目標として、多くの新製品が提案されました。例えば、藻類は携帯型ランプに組み込むことができ、ナマコは新しいヒーリングキットに使用することができます。

銭湯で、「これからのヘルシー」を考える

銭湯で、「これからのヘルシー」を考える

銭湯で、「これからのヘルシー」を考える デザインリサーチプロジェクトの展示イベント を
東京大学生産技術研究所 DLXデザインラボ x 博報堂 x SEEDATA を開催
―銭湯で、「これからのヘルシー」を考える。― 東京大学生産技術研究所のDLXデザインラボ、博報堂ブランド・イノベーションデザイン、および博報堂グループの株式会社SEEDATAと共同で、2020年2月からスタートしたデザインリサーチプロジェクト「銭湯で、『これからのヘルシー』を考える」の展示イベントを2020年12月10日に開催しました。 「これからのヘルシー」をテーマにデザインとイノベーションの社会実装を目的に、東京大学生産技術研究所のDLXデザインラボ、博報堂ブランド・イノベーションデザイン、SEEDATAが共同で企画。 三菱地所株式会社、日本たばこ産業株式会社(JT)、株式会社Xenomaの参画、東京・高円寺にある「小杉湯」の協力を得て、2020年2月より一連のフィールドワーク、ワークショップとプロトタイピングを行ってきました。 新しい価値観が求められ、不確実性が高い今の時代においても、「ヘルシー」は普遍的な価値概念です。従来の物質的な意味だけでなく、心のヘルシー、社会のヘルシーといった広がりを持つ概念として、ヘルシーは未来の社会を形作るキーワードになると考えます。 「これからのヘルシー」を考えるにあたり、近年若者を中心に価値が再認識されつつある「銭湯」を時代の芽として捉え、小杉湯に協力を得て共に調査を計画し、銭湯でのデザインリサーチや来訪者へユーザーインタビューを実施しました。今回のイベントでは、銭湯でのデザインリサーチをもとに生まれたアイデアのプロトタイプを小杉湯の浴室に展示しました。 本展示を通じ伝統文化と新規性、リサーチから実際にアイデアを作り上げるクリエイティブプロセス、複数団体や企業との協働の可能性について実際に体感し、考えていただく機会を提供しました。 Future Health Project at Public Bath

The DLX Design Lab at the Institute of Industrial Science, the University of Tokyo, Hakuhodo Brand Innovation Design, and SEEDATA Inc. of the Hakuhodo Group jointly held an exhibition event for the design research project “Thinking about ‘Future Health’ in Public Baths,” which started in February 2020. The event was held on December 10, 2020. The event was jointly organized by the DLX Design Lab at the Institute of Industrial Science, University of Tokyo, Hakuhodo Brand Innovation Design, and SEEDATA, to implement design and innovation into society under the theme of “Future Health. With the participation of Mitsubishi Estate, Japan Tobacco Inc., and Xenoma Inc. and the cooperation of Kosugi-yu in Koenji, Tokyo, a series of fieldwork, workshops, and prototyping have been conducted since February 2020. Even in this age of uncertainty and demand for new values, “healthy” is a universal value concept. We believe that healthy will become a keyword that shapes the society of the future, not only in the traditional material sense but also as a concept that expands to include mental health and social health.In thinking about the “future of health,” we considered “public baths,” whose value has been rediscovered in recent years, especially by young people, as the seeds of the new era, and with the cooperation of Kosugi-yu, we planned a survey, conducted design research in public baths, and conducted user interviews with visitors. In this event, prototypes of the ideas born from the design research at the bathhouse were displayed in the bathroom of Kosugi-yu. This exhibition provided an opportunity for visitors to experience and think about traditional culture and novelty, the creative process of creating ideas from research, and the possibility of collaboration with multiple organizations and companies.

「銭湯で、“これからのヘルシー”を考える」展

「銭湯で、“これからのヘルシー”を考える」展

―銭湯で、「これからのヘルシー」を考える。― 東京大学生産技術研究所のDLXデザインラボ、博報堂ブランド・イノベーションデザイン、および博報堂グループの株式会社SEEDATAと共同で、2020年2月からスタートしたデザインリサーチプロジェクト「銭湯で、『これからのヘルシー』を考える」の展示イベントを2020年12月10日に開催しました。 「これからのヘルシー」をテーマにデザインとイノベーションの社会実装を目的に、東京大学生産技術研究所のDLXデザインラボ、博報堂ブランド・イノベーションデザイン、SEEDATAが共同で企画。 三菱地所株式会社、日本たばこ産業株式会社(JT)、株式会社Xenomaの参画、東京・高円寺にある「小杉湯」の協力を得て、2020年2月より一連のフィールドワーク、ワークショップとプロトタイピングを行ってきました。 新しい価値観が求められ、不確実性が高い今の時代においても、「ヘルシー」は普遍的な価値概念です。従来の物質的な意味だけでなく、心のヘルシー、社会のヘルシーといった広がりを持つ概念として、ヘルシーは未来の社会を形作るキーワードになると考えます。 「これからのヘルシー」を考えるにあたり、近年若者を中心に価値が再認識されつつある「銭湯」を時代の芽として捉え、小杉湯に協力を得て共に調査を計画し、銭湯でのデザインリサーチや来訪者へユーザーインタビューを実施しました。今回のイベントでは、銭湯でのデザインリサーチをもとに生まれたアイデアのプロトタイプを小杉湯の浴室に展示しました。 本展示を通じ伝統文化と新規性、リサーチから実際にアイデアを作り上げるクリエイティブプロセス、複数団体や企業との協働の可能性について実際に体感し、考えていただく機会を提供しました。

未来のモビリティ • Future Mobility

未来のモビリティ • Future Mobility

未来のモビリティの可能性 街に人も戻り、また通勤を始めた方も少なくないでしょう。公共交通機関もほとんど以前と変わらずに動いていますが、こんなときふと、もしタクシーやバスの自動運転化が進んでいたら、世の中はどうなっていたのだろう?と想像します。窓を開けて換気してくれたり、乗客とコミュニケーションを取ってくれたりする存在がいなかったら? そんな少し未来を想像するプロジェクトが、DLXではいま進行中です。今回は、モビリティに関するプロジェクトのいまの進捗状況を共有します。 Future Mobility Recently people are gradually returning to normal life, some of you might have already begun to commute again. Public transport seems to operate just like it used to before the pandemic, which makes us wonder how the world might have been if all taxis and buses were already running autonomously. No one to open the windows for ventilation; no one to communicate with the passengers. At DLX, we have a project running that imagines such a future and that is the main topic for this newsletter. モビリティ研究の最先端・UTmobI 東京大学の柏キャンパスには、シャトルバスが走っているのをご存知でしょうか。柏の葉キャンパス駅とキャンパスを結ぶもので、人々の移動手段としても使われていますが、同時に東京大学モビリティ・イノベーション連携研究機構(UTmobI)というグループの研究成果でもあり、一部ではすでに、自動運転での走行が始まっています。 UTmobIは、東京大学全体で取り組んでいる交通に関する研究組織です。機械工学、情報通信、交通工学など、さまざまな分野の研究者がともに、自動運転やヒューマンインタフェースを含めた、多岐にわたる課題に取り組んでいます。 ヒューマンインタフェースとは、簡単にいえば、機械と人間との間でよい関係を築くための仕組みのこと。人間工学的な使いやすさは大事な要素ですが、実は、人々がしっかり安心感を持てるとか、機械を信頼できるなど、そのような感性的な側面の解決も重要です。そこで、私たちDLXはUTmobIとのプロジェクトを今年1月にスタートしました。 DLXが東京大学の研究室とプロジェクトを始めるとき、まず取り組むのは「トレジャーハンティング」という活動です。研究室を訪問し、研究者たちとディスカッションをして、デザインとの融合で未来を面白くできそうなアイデアを見つけ出します。それはまさに、宝探し。今回のプロジェクトではさらに密接に研究室と取り組むために「ディープトレジャーハンティング」と名付けて、現在まで何度も議論を繰り返しています。 UTmobI - A leader in mobility research There is a shuttle bus running at the Kashiwa Campus of The University of Tokyo, the bus connects Kashiwanoha-campus Station and the university campus. While people use it just like any other public transport, it is actually a research project carried out by the Mobility Innovation Collaborative Research Organization, The University of Tokyo (UTmobI). Some of those buses are already running autonomously. UTmobI is a research group focused on transportation from different groups and departments across The University of Tokyo. The group includes researchers from mechanical engineering, information and communication technology, traffic engineering and many more, all working together to solve issues such as autonomous driving or human machine interfaces (HMI) for transportation challenges of the future. Good HMI allows for a more intuitive relationship between humans and machines. Although ease-of-use is very important in designing HMI, it is also crucial to create a sense of safety and trust for humans towards the machines. With such an objective in mind, DLX started to collaborate with UTmobI this January.
When DLX starts collaboration with another lab, we first carry out something called “Treasure Hunting”; a process in which we visit the lab and discuss with researchers to explore the topics and technologies within their field that might be interesting to integrate within a design project. For this mobility project, to work together even more closely, we have renamed the process “Deep Treasure Hunting”, and we have been repeating our discussions with researchers to this day. 「車のデザイン」が、はじまる DLX Design Labのデザイナー・プロジェクトマネージャーであり、今回のプロジェクトにニューヨークから参加しているCharlotte Furet は「初めてUTmobIのチームと話をしたときは、やはり車体の外観のデザインに関わるのだと思われていました。でも、私たちが取り組もうとしていたのは、もっと大きな枠組み。モビリティの研究のビジョンやストーリー、ユーザー体験などをデザインのプロとして、どのようにもたらすことができるかを示したかったんです」と振り返ります。 UTmobIの研究者たちとDLXのメンバーに加え、1月にはイスラエルからベツァルエル美術デザイン学院のチームを招いて「Mobility Nano Lab」と題したワークショップも開催しました。インダストリアルデザイン修士(MDes)プログラムのヘッドであるRomi Mikulinsky氏とシニア講師であるRonel Mor氏とともに、3人の学生メンバーがイスラエルから来日。1週間という短期間ではありましたが、さまざまなアイデアが飛び交いました。 ワークショップに参加して、Romi氏はこう話します。「今回のプロジェクトは、複数の国の人間が一緒にモビリティの将来について考える、クロスカルチャーな取り組みでもあります。直感的で、言語の壁を飛び越えたものでないといけません。私たちイスラエル人が、日本について驚くことは、敬意と秩序です。例えば、日本の駅や飛行場に行くと、そこで働く人たちは、電車や飛行機にお辞儀をします。また、どこにいても人々はきちんと列に並びますよね。ものすごく混んでいる空間ですら、パーソナルスペースに対する配慮があります。これはイスラエルとは大きく違うところです」。 ワークショップでは、クリエイティブブレインストーミングと呼ばれる手法の一つを取りました。「素早くスケッチをし、良い悪い関わらず、さまざまなアイデアを100枚近い紙に書き連ねて、壁に貼っていきました。このプロセスの面白い点は、一つのアイデアがより多くのアイデアへと分岐するところです」と、そのときの様子をRonel氏は話します。 To design a car Charlotte Furet, DLX Design Lab Designer & Project Manager who is joining from New York, looks back at how the project started; “In our first dialogue with UTmobI, they thought we would be working on the design of the exterior body of the vehicle. However, we wanted to work on a wider scale - as professionals in design, we wanted to show how designers can contribute with research visions, storytelling, user experience design.” In January, we hosted the workshop “Mobility NanoLab”, with participants from UTmobI and DLX, as well as a guest team from Bezalel Academy of Arts and Design in Israel. Romi Mikulinsky, Head of the Master of Design (MDes) program in Industrial Design and Ronel Mor, a senior lecturer, along with three students, joined us from Israel. Although the duration of the workshop was only a week, a vast range of ideas were created. After the workshop, Romi reflects, “This project is a cross-cultural attempt, with members from multiple backgrounds coming together to imagine the future of mobility. It enabled us to think beyond languages and in more intuitive ways. What we, as Israelis, are surprised to see in Japan, is the respect and order kept in every part of the society. For example, when you go to stations and airports, you find the staff bowing to trains and planes. Wherever you go, people always lineup in the queue. Even in the most crowded spaces, there is a consideration towards personal space. These are significantly different compared to Israel.” In the workshop, we used the methodology of creative brainstorming. “We quickly sketch, and regardless of whether the idea is good or bad, we continuously draw out ideas until we have nearly a hundred sheets of paper, and hang them on the walls. This process is interesting in how it diversifies one idea to hundreds of new ideas.” Ronel said. 運転手の役割は、運転だけじゃない 1週間のワークショップでまとまったアイデアは、公共交通機関としてのバスが自動運転になり、無人化した場合のコミュニケーションに焦点を当てたもの。現在の運転手の役割は、運転だけではありません。乗降時に乗客とコミュニケーションを取ったり、歩行者や自転車に注意を払ったりと、さまざまな仕事をこなしています。その役目の人がいなくなった場合の、ヒューマンインタフェースを考えました。 特に注目したのは、運転手と乗客との小さなコミュニケーションです。例えば、バスに乗るタイミングで運賃を支払ったり、会釈をしたり、というやり取りで、人々は公共交通機関を用いる自覚を得ます。その感覚を無人バスに持ち込むとどうなるでしょう? Driving isn't just about driving

The idea that came together in the week-long workshop centred around the communication aspect of when buses become self-driving and no longer have any drivers on it. The role of drivers currently is not limited to driving. They communicate with passengers as they come and go, look out for pedestrians and cyclists, and take on many other tasks at hand. How should we design a human interface with the absence of such a person? What we focused on the most was the small snippets of communication exchanged between the driver and the passenger. For example, the act of paying the fee, nodding to the driver, makes us aware that we are using public transport. How might we bring that kind of interaction and feeling to driverless buses? ポールの変形する様子 the transformation of the pole バスの車体と会話する 今回のワークショップで生まれたアイデアは、車体と人々との物理的なインタラクションを与えるものでした。例えば、バスに乗る、あるいは降りるタイミングで床の模様が変化することで、車体がその人を受け入れてくれたり、名残惜しんだりする様子を示します。 または、ポールを握ると、物理的に変形して挨拶のように返してくれるアイデアもありました。
ワークショップの提案について話しているとき、Romi氏はこう付け加えました。「今回のアイデアは、コロナ問題より前に出たものでした。だから、どうやったら人が一緒にいることを感じられるか?について深く考えていたことを覚えています。しかし、もしこれが 1ヶ月遅れてスタートしていたら、同じ提案になったかはわかりません。突然のように変化が来ることが印象的です」。 現在もUTmobIの研究グループと、DLX Design Labのメンバー、そしてベツァルエルのメンバーたちは、定期的にミーティングを重ねています。今回のCOVID-19の問題も受けて、人と人との距離感への考え方も少しずつ変わってきていますが、それはモビリティの空間でも同じです。 Talking with the bus The ideas generated in the workshop were around the concept of creating physical interactions between the bus and its users. For example, by transforming the floor of the vehicle when the passenger boards or leaves, it might express a welcoming or reluctant mood. Another idea suggested the vehicle to respond by physically transforming to greet when the passenger holds a pole. While discussing the workshop proposal, Romi added “The workshop took place before the outbreak of COVID-19, so I remember the team focusing on how people can be together. It is astonishing to think about how the ideas would have been, had the workshop took place a month later.” The research group from UTmobI, members of DLX Design Lab, and members of Bezalel Academy are having regular meetings to continue their collaboration. While COVID-19 has changed how society thinks about people-to-people distance, we can say the same for spaces inside public transport vehicles. “When you're creating something new, design plays a large role. We're thinking about mobility design in a broad sense. We see keywords like “post-corona” and “with-corona” coming up. However, as much as we should be responding and solving these issues, we'd also like to continue our brainstorming, and propose something truly new and meaningful.” explains Professor Yoshihiro Suda of IIS, who is also a representative of UTmobI. The collaboration between DLX and UTmobI is a relationship beyond IIS. Professor Niino Toshiki, Deputy Director of the Design-Led X Platform, also expresses his expectation for the project. “UTmobI's research resources are truly a treasure. While a typical notion of mobility design sounds steady and sometimes inflexible, with DLX, there is always a creative jump. While we have a DLX base in Kashiwa II Campus as well, since Kashiwa campus covers a diverse range of research fields, we would like to welcome new collaborations too.” Many activities have been paused due to COVID-19, but recently university research is beginning to restart, and our research on the future of mobility is gearing up once again albeit under our ‘new normal’ conditions. We look forward to discussing further with you. 「新しいものを作るとき、デザインの役割はとても大きいんです。私たちも広い意味でのモビリティデザインを考えています。ポストコロナ、ウィズコロナというキーワードも出てきていますが、課題解決だけではなく、新しいものをブレストを重ねながら提案していきたいですね」と、UTmobIの代表を務める生産技術研究所の須田義大教授は話します。 DLXとUTmobIという、生産技術研究所を飛び越えた組織のコラボレーション。価値創造デザイン推進基盤・副基盤長の新野俊樹教授も、今回のプロジェクトについて期待を寄せています。
「UTmobIの研究資源はまさに宝物ですが、これまでのモビリティでデザインというと、やや堅実な感じがしますよね。でもDLXのデザインの思考方法は、いつもちょっと飛んだアイデアを生み出します。柏ⅡキャンパスにもDLXの拠点はありますが、さまざまな組織が集まったキャンパスなので、新しい方々とのコラボレーションもどんどん歓迎していきたいです」。 自粛期間でさまざまな予定がペンディングとなっていましたが、研究も少しずつ動き始めました。このモビリティの未来を考えるプロジェクトも、新しい日常とともにまた走り出します。 The collaboration between DLX and UTmobI is a relationship beyond IIS. Professor Niino Toshiki, Deputy Director of the Design-Led X Platform, also expresses his expectation for the project. “UTmobI's research resources are truly a treasure. While a typical notion of mobility design sounds steady and sometimes inflexible, with DLX, there is always a creative jump. While we have a DLX base in Kashiwa II Campus as well, since Kashiwa campus covers a diverse range of research fields, we would like to welcome new collaborations too.” Many activities have been paused due to COVID-19, but recently university research is beginning to restart, and our research on the future of mobility is gearing up once again albeit under our ‘new normal’ conditions. We look forward to discussing further with you. *このコンテンツは、一定期間を過ぎた後に他の媒体に掲出されることがございます。
* Please note that this content of this newsletter may appear on the DLX Design Lab website after a certain period. September 18, 2020 Creative Director: Midori Yamazaki
Editor: Mai Tsunoo
Photographer: Timothée Lambrecq

人間とAIによるデザインの共同作業 

人間とAIによるデザインの共同作業 

rethinkAI ™ Vali Lalioti credit: Chris Wells © 2020 The Innovation Consultancy AIとロボティクスは、人々の働き方を大きく変えると言われています。それにしたがって、倫理的・社会経済的問題も提起し、仕事の意味そのものの意味を問いかけています。では、デザインへはどのような影響があるでしょうか? ヴァリ・ラリオッティ博士は計算機科学の博士号、ソルベイ・ビジネス・スクールのMBA、RCAのMResの学位を持ち、デザイナーであると同時にイノベーターでもあります。彼女は、自身の研究テーマの一部でもある人間とAIの間のコラボレーションから生まれる新しいデザイン手法「RethinkAI™ 手法」を提唱しています。昨年10月の東京滞在中にワークショップを主宰し、RethinkAIを用いた彼女の研究を発展させるために、東京大学から2020年度の研究フェローシップを受賞しました。DLXに来るにあたり、マイルス・ペニントン教授とRethinkAIを契機としたプロジェクト「個性を持つ家庭用ロボットのデザイン」の共同研究のためだけでなく、ワークショップの主宰や他の東京大学の研究者との交流を待望としています。 西洋と日本とでは、人間とAIの関わり方も少し違うと考えられています。日本では人々とAIが共に働き、なめらかに人とAIの能力をつなぎ合わせ、活用しているように見受けられます。しかし、西洋ではモノと機械、そして人々とは分断されている、という考えがベースにあります。 RethinkAI™は、組織論、チーム心理学、そしてイノベーション・デザインから生まれた参加型のデザイン手法であり、カードゲームとデジタルアプリのかたちをとった「人間の強み」の小さな辞典でもあります。このデザイン方法論は、人間とAIとが共にデザインをし、人間中心世界からポストヒューマン時代、そして人間を超える時代へ、デザインパラダイムを進化させます。AIを含む新技術がさまざまな社会生活に取り入れられ、イノベーションを生み出すと言われている「ソサエティ5.0」と、ポストヒューマニズムもまた同様に、新たなデザイン領域を切り開きつつあります。 AIと人間が共にデザインをするなんて、まるで遠い未来の話でしょうか。しかし、その片鱗はすでにあちこちに現れ始めています。この新しい方法論は、人とAIがよりよいデザインのパートナーになるためのガイドラインとも呼べるかもしれません。 MBA from Solvay Business School and an MRes from the RCA. She proposes RethinkAI™ methodology, as a part of her research in exploring new design methodologies that emerge from a collaboration between humans and AIs. She hosted a workshop last October during her stay in Tokyo, and she was awarded a Research Fellowship in 2020, from The University of Tokyo, to further develop her research using RethinkAI. She would be visiting DLX to work with Prof. Miles Pennington on a RethinkAI inspired project: “Designing home-working robots with personality”. and aspires to host workshops and work with other researchers at The University of Tokyo during her stay. There are differences between how the west and Japan imagines human-AI interactions. Japanese society sees humans and AI working together in a flawless and complementary manner, while the western views draw a clear difference between objects, machines and humans. RethinkAI™ is a participatory design methodology and a glossary of human strengths that draws from organisational theory, team psychology and innovation design. This design methodology allows humans and AI to be designed together and explore other framings of agency and intelligence to evolve our design paradigms from the human-centred Anthropocene to the posthuman, more-than-human era. Posthumanism and society 5.0 is also opening up a design space where intelligence and agency can be rethought as an assemblage of humans and non-humans together with objects and technologies.
Does AI and humans designing together sound like a far-future? However, we can already see some glimpses of such future in different places. Maybe, this new design methodology will become a guideline for humans and AIs to become better partners in design. Dr. Vali will be visiting Tokyo soon and will be hosting workshops in collaboration with Prof. Miles Pennington from DLX Design Lab. We are seeking participants and other collaborators to join or support us in creating ideas for new robotic materialisations and develop proof-of-concept robotics as part of a UK - Japan joint research initiative. *ヴァリ・ラリオッティ氏は東京滞在中、マイルス・ペニントン教授とワークショップを開催予定で、現在、参加者を募集しています。また、日本とイギリスの両国で展示するコンセプト実証用のロボット開発のためのスポンサーも募っております。詳細は、 vali@theinnovationconsultancy.com までご連絡ください。もし RethinkAI™を体験されたい場合は、こちらのサイト www.theinnovationconsultancy.com/rethinkai であなたの強みに最適なAIをデザインするアプリケーションを試すことができます。 * Interested in contacting Dr. Vali and finding out more about ReThinkAI then contact vali@theinnovationconsultancy.com. If you would like to experience RethinkAI™ you can run the application on www.theinnovationconsultancy.com/rethinkai and design your AI as it best matches your strengths. *このコンテンツは、一定期間を過ぎた後に他の媒体に掲出されることがございます。
* Please note that this content of this newsletter may appear on the DLX Design Lab website after a certain period. September 18, 2020 Creative Director: Midori Yamazaki
Editor: Mai Tsunoo
Photographer: Timothée Lambrecq