top of page

My Items

I'm a title. ​Click here to edit me.

Coral Rescue has been selected as one of  WIRED Creative Hack Award 2023 Finalists

Coral Rescue has been selected as one of WIRED Creative Hack Award 2023 Finalists

Coral Rescue, a citizen-participatory coral conservation project, has been selected as a WIRED Creative Hack Award 2023 Finalist (17 out of 220 finalists). The lead designer of this project, Tomomi Sagata of DLX Design Lab, conducted this project in collaboration with the National University of Singapore's Institute of Tropical Marine Science during her residency at the National University of Singapore's Department of Industrial Design, Faculty of Design Engineering. The final judging will be held in mid-December to determine the winners of the Grand Prix and other prizes.

https://hack.wired.jp/

Lead Design Researcher: Tomomi Sayuda, DLX Design Lab at Institute of Industrial Science, The University of Tokyo Design Engineer: Hemal Diaz, DLX Design Lab at Institute of Industrial Science, The University of Tokyo Science Research Advisor: Dr Toh Tai Chong & Sam Shu Qin, The Tropical Marine Science Institute, The National University of Singapore. Project Advisor: Miles Pennington, DLX Design Lab at Institute of Industrial Science, The University of Tokyo, Yen Chung Chang, the Division of Industrial Design, the College of Design Engineering, and the Keio-NUS CUTE Center at The National University of Singapore.
プロジェクトページ https://www.designlab.ac/ja/post/coral-rescue-conserve-together-1

Coral RescueがWIRED Creative Hack Award 2023でグランプリを受賞しました

Coral RescueがWIRED Creative Hack Award 2023でグランプリを受賞しました

DLX Design Labとシンガポール国立大学 熱帯海洋科学研究所のコラボレーションで生まれたCoral RescueプロジェクトがWIRED Creative Hack Award 2023でグランプリを受賞しました。
12月19日に授賞式があり、このプロジェクトのリードであるDLX Design Labの特任研究員の左右田智美が出席しました。このプロジェクトは1月から米日財団からの助成金が決定しています。
現在 育成を手助けするIoTデバイスとアプリを開発しており、来年4月に日米の高校生を結んだ教育プログラムを実施予定しています。

Coral Rescue -Conserve Together- について
Coral Rescueは 家庭でサンゴを育て、研究者の指導の元海に戻し、皆で海洋の生物多様性を育てていく、新しいエコシステム創生のプロジェクトです。
WIRED Creative Hack Award 2023 website
https://hack.wired.jp/

Times での記事
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000001025.000000930.html
The Coral Rescue project, a collaboration between DLX Design Lab and the National University of Singapore's Institute of Tropical Marine Sciences, has won the Grand Prix at the WIRED Creative Hack Award 2023. The award ceremony was held on 19 December and attended by the project's lead, Tomomi Sayuda, Design Researcher at DLX Design Lab. The project has been awarded a grant from the US-Japan Foundation from next January. IoT devices and apps are currently being developed to help foster the project, and an educational programme connecting high school students in the US and Japan is scheduled to be implemented in April next year.
About Coral Rescue -Conserve Together Coral Rescue is a project to create a new ecosystem in which corals are grown at home and returned to the sea under the guidance of researchers so that everyone can help nurture marine biodiversity.

Credit:
Lead Design Researcher: Tomomi Sayuda, DLX Design Lab at Institute of Industrial Science, The University of Tokyo Design Engineer: Hemal Dias, DLX Design Lab at Institute of Industrial Science, The University of Tokyo Science Researcher: Dr Toh Tai Chong, Sam Shu Qin, The Tropical Marine Science Institute, The National University of Singapore. Project Advisor: Miles Pennington, DLX Design Lab at Institute of Industrial Science, The University of Tokyo, Yen Chung Chang, the Division of Industrial Design, the College of Design Engineering, and the Keio-NUS CUTE Center at The National University of Singapore.

Coral RescueがWIRED Creative Hack Award 2023でグランプリを受賞しました

Coral RescueがWIRED Creative Hack Award 2023でグランプリを受賞しました

DLX Design Labとシンガポール国立大学 熱帯海洋科学研究所のコラボレーションで生まれたCoral RescueプロジェクトがWIRED Creative Hack Award 2023でグランプリを受賞しました。
12月19日に授賞式があり、このプロジェクトのリードであるDLX Design Labの特任研究員の左右田智美が出席しました。このプロジェクトは1月から米日財団からの助成金が決定しています。
現在 育成を手助けするIoTデバイスとアプリを開発しており、来年4月に日米の高校生を結んだ教育プログラムを実施予定しています。

Coral Rescue -Conserve Together- について
Coral Rescueは 家庭でサンゴを育て、研究者の指導の元海に戻し、皆で海洋の生物多様性を育てていく、新しいエコシステム創生のプロジェクトです。
WIRED Creative Hack Award 2023 website
https://hack.wired.jp/

Times での記事
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000001025.000000930.html
The Coral Rescue project, a collaboration between DLX Design Lab and the National University of Singapore's Institute of Tropical Marine Sciences, has won the Grand Prix at the WIRED Creative Hack Award 2023. The award ceremony was held on 19 December and attended by the project's lead, Tomomi Sayuda, Design Researcher at DLX Design Lab. The project has been awarded a grant from the US-Japan Foundation from next January. IoT devices and apps are currently being developed to help foster the project, and an educational programme connecting high school students in the US and Japan is scheduled to be implemented in April next year.
About Coral Rescue -Conserve Together Coral Rescue is a project to create a new ecosystem in which corals are grown at home and returned to the sea under the guidance of researchers so that everyone can help nurture marine biodiversity.

Credit:
Lead Design Researcher: Tomomi Sayuda, DLX Design Lab at Institute of Industrial Science, The University of Tokyo Design Engineer: Hemal Dias, DLX Design Lab at Institute of Industrial Science, The University of Tokyo Science Researcher: Dr Toh Tai Chong, Sam Shu Qin, The Tropical Marine Science Institute, The National University of Singapore. Project Advisor: Miles Pennington, DLX Design Lab at Institute of Industrial Science, The University of Tokyo, Yen Chung Chang, the Division of Industrial Design, the College of Design Engineering, and the Keio-NUS CUTE Center at The National University of Singapore.

Coral RescueがWIRED Creative Hack Award 2023 Finalistに選出

Coral RescueがWIRED Creative Hack Award 2023 Finalistに選出

市民参加型サンゴ保全プロジェクト、Coral RescueがWIRED Creative Hack Award 2023 Finalist (220組中17組)に選出されました。
このプロジェクトのリードデザイナーである、DLX Design Labの左右田智美がシンガポール国立大学のデザイン工学部インダストリアルデザイン学科滞在時にシンガポール国立大学熱帯海洋科学研究所と、共同プロジェクトとして実施をしたプロジェクトです。 12月中旬に最終審査が行われ、グランプリ等の授賞者が決まります。審査結果にも期待が膨らみます。

https://hack.wired.jp/

Lead Design Researcher: Tomomi Sayuda, DLX Design Lab at Institute of Industrial Science, The University of Tokyo Design Engineer: Hemal Diaz, DLX Design Lab at Institute of Industrial Science, The University of Tokyo Science Research Advisor: Dr Toh Tai Chong & Sam Shu Qin, The Tropical Marine Science Institute, The National University of Singapore. Project Advisor: Miles Pennington, DLX Design Lab at Institute of Industrial Science, The University of Tokyo, Yen Chung Chang, the Division of Industrial Design, the College of Design Engineering, and the Keio-NUS CUTE Center at The National University of Singapore.
プロジェクトページ https://www.designlab.ac/ja/post/coral-rescue-conserve-together-1

AICOM のウェブサイトが新しくなりました。

AICOM のウェブサイトが新しくなりました。

新しいサイトはこちらになります。

https://aicomjp.editorx.io/aicom

New AICOM website has been launched!

New AICOM website has been launched!

This is a link for the new AICOM project website

https://aicomjp.editorx.io/aicom

Coral Rescue - Conserve Together

Coral Rescue - Conserve Together

市民参加でサンゴ保全を行う体験型デザインプロジェクト
サンゴ礁は海洋生物の25%が生息しており、その長期的な保全には世界的な協力が必要です。このプロジェクトの目的は一般の人々がサンゴ礁の保全に取り組むことで、現在と将来の海洋生物多様性の維持に貢献することです。幅広い人々にサンゴの保全活動を知ってもらうために、様々なデザイン手法とアクティビティを組み合わせて実施します。私たちは誰でも自宅でサンゴを育てることができる、サンゴ自生キット(一般に公開されるもの)をデザインしました。自分で育てたサンゴが適切な大きさになれば、経験豊富なダイバーによって海に戻すことができます。私たちはまたこの問題について人々を教育し参加を促すためのワークショップ形式も開発しました。このプロジェクトを通じて新しいサンゴの育成方法の開発をデザインしそれをより多くの科学者コミュニティや一般の人々に広めることで、サンゴ礁の保護を後押しします。 今後東京とアメリカのリッチモンドの高校生を対象にサンゴの成長について学び、アイデアを生み出すグローバルな教育プログラムを実施する予定になっています。
WIRED Creative Hack Award 2023のグランプリを受賞しました。
https://hack.wired.jp/ デザイン工学部インダストリアルデザイン学科(DID)、シンガポール国立大学熱帯海洋科学研究所(TMSI)、東京大学生産技術研究所DLXデザイン研究室の共同プロジェクトです。 リードデザイナーは東京大学DLXデザインラボの左右田智美で、DIDのKEIO-NUS CUTEセンターのご好意によりNUSに滞在した際に作られました。このプロジェクトはNUSのTMSIのサンゴ保全研究活動、特にDr. Toh Tai ChongとMs. Sam Shu Qinの研究活動から情報を得て、インスピレーションを得ています。 このプロジェクトは、 東京大学潮田記念基金の寄付金により支援されています。
Design EngineerはDLX Design LabのHemal Diazです。
Lead Design Researcher: Tomomi Sayuda, DLX Design Lab at Institute of Industrial Science, The University of Tokyo Design Engineer: Hemal Diaz, DLX Design Lab at Institute of Industrial Science, The University of Tokyo Science Researcher: Dr Toh Tai Chong, Sam Shu Qin, The Tropical Marine Science Institute, The National University of Singapore. Project Advisor: Miles Pennington, DLX Design Lab at Institute of Industrial Science, The University of Tokyo, Yen Chung Chang, the Division of Industrial Design, the College of Design Engineering, and the Keio-NUS CUTE Center at The National University of Singapore.

Beyond 5G

Beyond 5G

Date: 27/09/23 In collaboration with: NICT Tags: #Mobility #SpeculativeDesign In 2035, the introduction of the 6G network in Japan redefined movements of people and goods in ways that we couldn’t have predicted. The network has brought about major changes in transport, communication, and lifestyle; ultimately altering the way we perceive places and services.

プラズモン・ライトペイント

プラズモン・ライトペイント

立間研 との共同開発 金属ナノ粒子をライトアートに使うことはできないであろうか? プラズモン・ライトペイントは金属ナノ粒子を塗布したガラスを使った光のインスタレーションである。動くガラスに光が様々な角度から当たると、ナノ構造のカラー・ルーティング効果から、異なる色の反射光、透過光そして散乱光を生み出し、美しいランダムなパターンが描かれる。 立間研究室について 立間研究室では電子の授受を扱う電気化学を基礎として、エネルギー変換、情報変換、物質変換などの機能を持つデバイスや機能材料の開発、そのための基礎研究などを行っている。その中でも、金属ナノ構造体の特性の一つである「プラズモニックス」を活用することによって、光を使った今までにない多くの機能を生み出してきた。 このプラズモン効果による機能の一例として、反射光・透過光・散乱光の色が全て異なるカラー・ルーティング効果が挙げられる。その他には、金属ナノ構造体の色の変化を応用した化学センサーならびにバイオセンサーを開発してきた。さらには、この技術を用いることによって透明な太陽電池や光触媒または人工光合成の材料などを実現してきた。

NUS - DLX INNOVATION EXCHANGE

NUS - DLX INNOVATION EXCHANGE

NUS - DLX INNOVATION EXCHANGE展示 at シンガポール国立大学 DLX Design Labは、2022年12月8日~9日にNUS DID展示スペースにて、シンガポール国立大学(NUS)のインダストリアルデザイン学科(DID)及びCUTEセンターと共にNUS - DLX INNOVATION EXCHANGEの展示を開催しました。 2019年より東京大学生産技術研究所のDLXデザインラボとNUSのDID及びCUTEセンターが共同でデザイン主導の学術連携研究プロジェクトを実施しており、本展ではこの機会を通じてこれまでに実現したプロジェクトを紹介します。 4つのデザイン・サイエンス連携研究作品と、DLXデザインラボのデザインリサーチャー左右田智美が監修するNUD DID Experience Design platformの学生が制作した10つの作品を発表しました。 Coral Rescue - オープンアクセスのサンゴ礁保全プロジェクト, EveryTENG - Triboelectric技術を使った新しいインタラクティブシステムデザイン、Talking with Neurons - 人の神経細胞との会話の最初のステップ、AICOM - 民主化的な方法でマシーンラーニング用のデータ獲得を目指すプロジェクトの4つデザインと科学を結んだプロジェクトを発表しました。 初日の夜には、研究・教育・ビジネス・クリエイティブの各分野から50名以上の方々にご来場いただきました。今後も引き続きNUSとDLXのデザイン主導の交流を継続していきます。 これらのプロジェクトは、東京大学潮田記念基金の支援のもと実施されました。



DLX Design Lab hosted the NUS - DLX INNOVATION EXCHANGE exhibition with The Division of Industrial Design(DID), at the College of Design and Engineering together with the CUTE Center at the National University of Singapore(NUS) at NUS DID exhibition space on 8-9 December 2022.

The DID, CUTE center at NUS and DLX Design Lab at the Institute of Industrial Science, from The University of Tokyo have jointly delivered design-led academic collaborative research projects since 2019. In this exhibition, we have presented the projects we have achieved through this opportunity to date.

We presented 4 design and science collaboration research works and 10 student works from NUD DID Experience Design platform supervised by a Design Researcher Tomomi Sayuda at DLX Design Lab.
4 design research projects include Coral Rescue - Open Access Coral Conservation, EveryTENG - New Design Directions for Triboelectric Interactive Systems, AICOM - Gamified Data Collection and Communication Design for fair Machine Learning, Talking with Neurons - The first step towards a human-neuron conversation.
On the opening night, more than 50 guests from research, education, business and creative fields visited our exhibition. We are looking forward to expanding the design-led exchange opportunity with NUS.

The projects are kindly supported by UTokyo Ushioda Foundation.

Future Mobility Across Cultures

Future Mobility Across Cultures

日時:2023年3月24日(金)18:00-20:00 場所:東京大学駒場キャンパス    U-Tokyo DLX Design Lab    S棟 S-108 東京大学生産技術研究所 登録・詳細: https://by5g-utokyo-bezalel.peatix.com/ *逐次通訳あり・参加費無料 2030年代以降の5G・6G技術による未来のモビリティに焦点を当てた、デザイン主導のイノベーションプロジェクトを紹介するイベントへ一緒に参加しませんか?創造的な可能性をイメージし、議論し、テクノロジーと多文化的なデザインマインドがモビリティの未来を形作る瞬間を共有しましょう。
このイベントは、東京大学DLXデザインラボとベザレル芸術デザインアカデミー(イスラエル・エルサレム)との継続的な共同研究の一環として行われます。 本研究成果は、国立研究開発法人情報通信研究機構の委託研究により得られたものです。
プログラム: 18:00: NICT BY5Gプロジェクト、U.Tokyo DLXとベザレルアカデミーのコラボレーションの紹介。 マイルス ペニントン教授・デザイン先導イノベーション・東京大学生産技術研究所 本間 健太郎 准教授・東京大学生産技術研究所 フェデリコ トルキア特任研究員・東京大学価値創造デザイン推進基盤
18:15: イスラエル×日本 - 文化とロックダウンを超えてイノベーションを起こす ロミ ミクリンスキー・べツァルエル美術デザインアカデミー ガイ ブランドル・ベザレル美術デザインアカデミ、インテルにてプロダクトデザインリーダー
18:30: 新プロジェクトの紹介 トム レズニコフ・BY5Gチームのチームリーダー、Riskifiedの前Design Vice President ヤーラ シャットナー ・WIX playground主任研究員 タル ニシム・写真家、Creative Technologist アディ サイモン・べツァルエルアカデミー修士学生、MDIヘルス社プロダクトデザイン部長 ニブ ヤシャール・べツァルエルアカデミー修士学生 19:00: Q&A 19:15: ネットワーキング
Join us for an evening of innovation and exploration as we showcase speculative design-led Innovation projects focused on future mobility scenarios enabled by 5G & 6G technologies in the 2030s and beyond. Let’s imagine and discuss the world of creative possibilities and witness the power of technology and multicultural design mindset to shape the future of the human movement. This event is part of an ongoing collaboration between The University of Tokyo DLX Design Lab and Bezalel Academy of Arts and Design, Jerusalem, Israel. The results of this research were obtained from the commissioned research by the National Institute of Information and Communications Technology (NICT), JAPAN. Program: 18:00: Introduction to the NICT Beyond 5G Project, the U.Tokyo DLX and Bezalel Academy Collaboration Prof. Miles Penington - Professor of Design Led Innovation, U.Tokyo, Institute of Industrial Science Associate Prof. Kentaro Honma - Professor of Mathematical Engineering of Spatial Design, U.Tokyo Institute of Industrial Science Federico Trucchia - Project researcher, U.Tokyo DLX Design Lab. 18:15: Israel x Japan - innovating across cultures and lock-downs Dr Romi Mikulinsky - Head of the Master of Design (MDes) program in Industrial Design, Bezalel Academy Guy Blander - Lecturer at the MDes program in Industrial Design, Bezalel Academy, Product design lead at Intel 18:30: New Project Debut Tom Reznikov - Team Lead of the BY5G team, previous VP of Design at Riskified Yaara Schattner - Contract Researcher, Lead researcher at WIX playground Tal Nissim - Contract Researcher, Independent photography artist and creative technologist Adi Simon - Student at the MDes program in Industrial Design, Bezalel Academy, Head of Product Design at MDI Health Niv Yashar - Student at the MDes program in Industrial Design, Bezalel Academy. 19:00: Q & A 19:15: Networking

Future Mobility Across Cultures

Future Mobility Across Cultures

日時:2023年3月24日(金)18:00-20:00 場所:東京大学駒場キャンパス    U-Tokyo DLX Design Lab    S棟 S-108 東京大学生産技術研究所 登録・詳細: https://by5g-utokyo-bezalel.peatix.com/ *逐次通訳あり・参加費無料 2030年代以降の5G・6G技術による未来のモビリティに焦点を当てた、デザイン主導のイノベーションプロジェクトを紹介するイベントへ一緒に参加しませんか?創造的な可能性をイメージし、議論し、テクノロジーと多文化的なデザインマインドがモビリティの未来を形作る瞬間を共有しましょう。
このイベントは、東京大学DLXデザインラボとベザレル芸術デザインアカデミー(イスラエル・エルサレム)との継続的な共同研究の一環として行われます。 本研究成果は、国立研究開発法人情報通信研究機構の委託研究により得られたものです。
プログラム: 18:00: NICT BY5Gプロジェクト、U.Tokyo DLXとベザレルアカデミーのコラボレーションの紹介。 マイルス ペニントン教授・デザイン先導イノベーション・東京大学生産技術研究所 本間 健太郎 准教授・東京大学生産技術研究所 フェデリコ トルキア特任研究員・東京大学価値創造デザイン推進基盤
18:15: イスラエル×日本 - 文化とロックダウンを超えてイノベーションを起こす ロミ ミクリンスキー・べツァルエル美術デザインアカデミー ガイ ブランドル・ベザレル美術デザインアカデミ、インテルにてプロダクトデザインリーダー
18:30: 新プロジェクトの紹介 トム レズニコフ・BY5Gチームのチームリーダー、Riskifiedの前Design Vice President ヤーラ シャットナー ・WIX playground主任研究員 タル ニシム・写真家、Creative Technologist アディ サイモン・べツァルエルアカデミー修士学生、MDIヘルス社プロダクトデザイン部長 ニブ ヤシャール・べツァルエルアカデミー修士学生 19:00: Q&A 19:15: ネットワーキング
Join us for an evening of innovation and exploration as we showcase speculative design-led Innovation projects focused on future mobility scenarios enabled by 5G & 6G technologies in the 2030s and beyond. Let’s imagine and discuss the world of creative possibilities and witness the power of technology and multicultural design mindset to shape the future of the human movement. This event is part of an ongoing collaboration between The University of Tokyo DLX Design Lab and Bezalel Academy of Arts and Design, Jerusalem, Israel. The results of this research were obtained from the commissioned research by the National Institute of Information and Communications Technology (NICT), JAPAN. Program: 18:00: Introduction to the NICT Beyond 5G Project, the U.Tokyo DLX and Bezalel Academy Collaboration Prof. Miles Penington - Professor of Design Led Innovation, U.Tokyo, Institute of Industrial Science Associate Prof. Kentaro Honma - Professor of Mathematical Engineering of Spatial Design, U.Tokyo Institute of Industrial Science Federico Trucchia - Project researcher, U.Tokyo DLX Design Lab. 18:15: Israel x Japan - innovating across cultures and lock-downs Dr Romi Mikulinsky - Head of the Master of Design (MDes) program in Industrial Design, Bezalel Academy Guy Blander - Lecturer at the MDes program in Industrial Design, Bezalel Academy, Product design lead at Intel 18:30: New Project Debut Tom Reznikov - Team Lead of the BY5G team, previous VP of Design at Riskified Yaara Schattner - Contract Researcher, Lead researcher at WIX playground Tal Nissim - Contract Researcher, Independent photography artist and creative technologist Adi Simon - Student at the MDes program in Industrial Design, Bezalel Academy, Head of Product Design at MDI Health Niv Yashar - Student at the MDes program in Industrial Design, Bezalel Academy. 19:00: Q & A 19:15: Networking

bottom of page