AICOM -Democratised and Co-creative AI

NUS-Keio & UTokyo Collaboration







AICOM:民主化されたAIと社会の未来を考えるためのゲーム化データ収集とコミュニケーションデザイン


AICOMは、東京大学生産技術研究所DLX Design Labと同菅野研究室の共同プロジェクトです。学習データ獲得のためのゲームとワークショップがセットになった機会を提供することによって研究者と一般の方とのコミュニケーションの機会を作り、AI技術を民主化するための新しい仕組みをデザインすることが目的になっています。


AICOMのデータ獲得ゲームでは2人のプレイヤーがペアになり、間に挟んだ透明の文字盤上で相手が見ている文字を予想しながら単語を当てることで協力してポイントを獲得します。正解の文字とともにゲーム中の顔画像が記録されるため、顔画像と視線方向がペアになった、視線推定AIの学習に用いることのできるデータセットが同時に出来上がることになります。


また、ゲーム参加と合わせてAI技術の紹介やアイデア発想ワークショップの機会も設けることで、参加者が一方的にデータを獲得されるのではなく研究者と一緒に未来を考える機会を提供します。


研究者側がAI研究を進める上で必要不可欠なデータ収集過程をゲーム化することで広く一般に開かれたものにすることを実現しながら、参加者側もAIや機械学習技術を学びデータが必要とされる理由や目的を理解できるような、相互にとって意義のある仕組みをデザインすることを最終的な目標としています。





このプロジェクトは、東京大学潮田基金の助成を受けてスタートした、東京大学生産技術研究所 DLXデザインラボとシンガポール国立大学・慶應-NUS CUTEセンターのデザインを通じた科学をテーマに行っている国際科学研究である未来の社会プロジェクトの一環として行っています。


-共同研究室 : 東京大学生産技術研究所 菅野研究室

http://ivi.iis.u-tokyo.ac.jp 受賞歴 第24回 文化庁メディア芸術祭 エンターテイメント部門 審査委員会推薦作品 (2021) https://j-mediaarts.jp/award/entertainment/ Shortlisted on D&AD Future Impact award 2021 https://www.dandad.org/awards/professional/2021/234837/aicom/




AICOM: Gamified Data Collection and Communication Design for the Democratized Future of AI and Society


AICOM is a joint project of DLX Design Lab and Sugano Lab at the Institute of Industrial Science, the University of Tokyo. The objective is to design a new mechanism to democratize AI technology by creating opportunities for communication between researchers and the general public by providing a set of games and workshops for acquiring learning data. In the AICOM data acquisition game, two players are paired up and work together to win points by guessing words on a transparent board while predicting the letters their opponent is looking at. Since the face images during the game are recorded along with the correct characters, a dataset that can be used to train gaze estimation AI is simultaneously created by pairing face images and gaze directions.


In conjunction with game participation, the event will also introduce AI technology and provide an opportunity for an idea generation workshop, giving participants the chance to think about the future together with researchers rather than being subjected to one-way data acquisition.


The ultimate goal is to design a mutually meaningful mechanism that enables participants to learn about AI and machine learning technologies and understand the reasons and purposes for which data is needed while researchers realize the data collection process, which is essential for advancing AI research, by turning it into a game so that it can be widely opened to the public.






This project is part of “future society project”, which has been started as an international research exchange project in between The University of Tokyo IIS, DLX Design Lab and National University of Singapore, Keio-NUS CUTE centre under the support of The University of Tokyo Ushioda Foundation.


With the help of Sugano Lab: http://ivi.iis.u-tokyo.ac.jp


--


Awards 2021 Japan Media Art Festival Entertainment section Judge recommendation award https://j-mediaarts.jp/award/entertainment/ Shortlisted on D&AD Future Impact award 2021 https://www.dandad.org/awards/professional/2021/234837/aicom/