未来のモビリティ • Future Mobility




未来のモビリティの可能性


街に人も戻り、また通勤を始めた方も少なくないでしょう。公共交通機関もほとんど以前と変わらずに動いていますが、こんなときふと、もしタクシーやバスの自動運転化が進んでいたら、世の中はどうなっていたのだろう?と想像します。窓を開けて換気してくれたり、乗客とコミュニケーションを取ってくれたりする存在がいなかったら? そんな少し未来を想像するプロジェクトが、DLXではいま進行中です。今回は、モビリティに関するプロジェクトのいまの進捗状況を共有します。




Future Mobility


Recently people are gradually returning to normal life, some of you might have already begun to commute again. Public transport seems to operate just like it used to before the pandemic, which makes us wonder how the world might have been if all taxis and buses were already running autonomously. No one to open the windows for ventilation; no one to communicate with the passengers. At DLX, we have a project running that imagines such a future and that is the main topic for this newsletter.





モビリティ研究の最先端・UTmobI


東京大学の柏キャンパスには、シャトルバスが走っているのをご存知でしょうか。柏の葉キャンパス駅とキャンパスを結ぶもので、人々の移動手段としても使われていますが、同時に東京大学モビリティ・イノベーション連携研究機構(UTmobI)というグループの研究成果でもあり、一部ではすでに、自動運転での走行が始まっています。

UTmobIは、東京大学全体で取り組んでいる交通に関する研究組織です。機械工学、情報通信、交通工学など、さまざまな分野の研究者がともに、自動運転やヒューマンインタフェースを含めた、多岐にわたる課題に取り組んでいます。

ヒューマンインタフェースとは、簡単にいえば、機械と人間との間でよい関係を築くための仕組みのこと。人間工学的な使いやすさは大事な要素ですが、実は、人々がしっかり安心感を持てるとか、機械を信頼できるなど、そのような感性的な側面の解決も重要です。そこで、私たちDLXはUTmobIとのプロジェクトを今年1月にスタートしました。

DLXが東京大学の研究室とプロジェクトを始めるとき、まず取り組むのは「トレジャーハンティング」という活動です。研究室を訪問し、研究者たちとディスカッションをして、デザインとの融合で未来を面白くできそうなアイデアを見つけ出します。それはまさに、宝探し。今回のプロジェクトではさらに密接に研究室と取り組むために「ディープトレジャーハンティング」と名付けて、現在まで何度も議論を繰り返しています。



UTmobI - A leader in mobility research

There is a shuttle bus running at the Kashiwa Campus of The University of Tokyo, the bus connects Kashiwanoha-campus Station and the university campus. While people use it just like any other public transport, it is actually a research project carried out by the Mobility Innovation Collaborative Research Organization, The University of Tokyo (UTmobI). Some of those buses are already running autonomously.

UTmobI is a research group focused on transportation from different groups and departments across The University of Tokyo. The group includes researchers from mechanical engineering, information and communication technology, traffic engineering and many more, all working together to solve issues such as autonomous driving or human machine interfaces (HMI) for transportation challenges of the future.

Good HMI allows for a more intuitive relationship between humans and machines. Although ease-of-use is very important in designing HMI, it is also crucial to create a sense of safety and trust for humans towards the machines. With such an objective in mind, DLX started to collaborate with UTmobI this January. When DLX starts collaboration with another lab, we first carry out something called “Treasure Hunting”; a process in which we visit the lab and discuss with researchers to explore the topics and technologies within their field that might be interesting to integrate within a design project. For this mobility project, to work together even more closely, we have renamed the process “Deep Treasure Hunting”, and we have been repeating our discussions with researchers to this day.





「車のデザイン」が、はじまる


DLX Design Labのデザイナー・プロジェクトマネージャーであり、今回のプロジェクトにニューヨークから参加しているCharlotte Furet は「初めてUTmobIのチームと話をしたときは、やはり車体の外観のデザインに関わるのだと思われていました。でも、私たちが取り組もうとしていたのは、もっと大きな枠組み。モビリティの研究のビジョンやストーリー、ユーザー体験などをデザインのプロとして、どのようにもたらすことができるかを示したかったんです」と振り返ります。

UTmobIの研究者たちとDLXのメンバーに加え、1月にはイスラエルからベツァルエル美術デザイン学院のチームを招いて「Mobility Nano Lab」と題したワークショップも開催しました。インダストリアルデザイン修士(MDes)プログラムのヘッドであるRomi Mikulinsky氏とシニア講師であるRonel Mor氏とともに、3人の学生メンバーがイスラエルから来日。1週間という短期間ではありましたが、さまざまなアイデアが飛び交いました。

ワークショップに参加して、Romi氏はこう話します。「今回のプロジェクトは、複数の国の人間が一緒にモビリティの将来について考える、クロスカルチャーな取り組みでもあります。直感的で、言語の壁を飛び越えたものでないといけません。私たちイスラエル人が、日本について驚くことは、敬意と秩序です。例えば、日本の駅や飛行場に行くと、そこで働く人たちは、電車や飛行機にお辞儀をします。また、どこにいても人々はきちんと列に並びますよね。ものすごく混んでいる空間ですら、パーソナルスペースに対する配慮があります。これはイスラエルとは大きく違うところです」。

ワークショップでは、クリエイティブブレインストーミングと呼ばれる手法の一つを取りました。「素早くスケッチをし、良い悪い関わらず、さまざまなアイデアを100枚近い紙に書き連ねて、壁に貼っていきました。このプロセスの面白い点は、一つのアイデアがより多くのアイデアへと分岐するところです」と、そのときの様子をRonel氏は話します。



To design a car


Charlotte Furet, DLX Design Lab Designer & Project Manager who is joining from New York, looks back at how the project started; “In our first dialogue with UTmobI, they thought we would be working on the design of the exterior body of the vehicle. However, we wanted to work on a wider scale - as professionals in design, we wanted to show how designers can contribute with research visions, storytelling, user experience design.” In January, we hosted the workshop “Mobility NanoLab”, with participants from UTmobI and DLX, as well as a guest team from Bezalel Academy of Arts and Design in Israel. Romi Mikulinsky, Head of the Master of Design (MDes) program in Industrial Design and Ronel Mor, a senior lecturer, along with three students, joined us from Israel. Although the duration of the workshop was only a week, a vast range of ideas were created.

After the workshop, Romi reflects, “This project is a cross-cultural attempt, with members from multiple backgrounds coming together to imagine the future of mobility. It enabled us to think beyond languages and in more intuitive ways. What we, as Israelis, are surprised to see in Japan, is the respect and order kept in every part of the society. For example, when you go to stations and airports, you find the staff bowing to trains and planes. Wherever you go, people always lineup in the queue. Even in the most crowded spaces, there is a consideration towards personal space. These are significantly different compared to Israel.”

In the workshop, we used the methodology of creative brainstorming. “We quickly sketch, and regardless of whether the idea is good or bad, we continuously draw out ideas until we have nearly a hundred sheets of paper, and hang them on the walls. This process is interesting in how it diversifies one idea to hundreds of new ideas.” Ronel said.