「銭湯で、“これからのヘルシー”を考える」展

―銭湯で、「これからのヘルシー」を考える。―


東京大学生産技術研究所のDLXデザインラボ、博報堂ブランド・イノベーションデザイン、および博報堂グループの株式会社SEEDATAと共同で、2020年2月からスタートしたデザインリサーチプロジェクト「銭湯で、『これからのヘルシー』を考える」の展示イベントを2020年12月10日に開催しました。

「これからのヘルシー」をテーマにデザインとイノベーションの社会実装を目的に、東京大学生産技術研究所のDLXデザインラボ、博報堂ブランド・イノベーションデザイン、SEEDATAが共同で企画。

三菱地所株式会社、日本たばこ産業株式会社(JT)、株式会社Xenomaの参画、東京・高円寺にある「小杉湯」の協力を得て、2020年2月より一連のフィールドワーク、ワークショップとプロトタイピングを行ってきました。

新しい価値観が求められ、不確実性が高い今の時代においても、「ヘルシー」は普遍的な価値概念です。従来の物質的な意味だけでなく、心のヘルシー、社会のヘルシーといった広がりを持つ概念として、ヘルシーは未来の社会を形作るキーワードになると考えます。


「これからのヘルシー」を考えるにあたり、近年若者を中心に価値が再認識されつつある「銭湯」を時代の芽として捉え、小杉湯に協力を得て共に調査を計画し、銭湯でのデザインリサーチや来訪者へユーザーインタビューを実施しました。今回のイベントでは、銭湯でのデザインリサーチをもとに生まれたアイデアのプロトタイプを小杉湯の浴室に展示しました。

本展示を通じ伝統文化と新規性、リサーチから実際にアイデアを作り上げるクリエイティブプロセス、複数団体や企業との協働の可能性について実際に体感し、考えていただく機会を提供しました。