Making Environmental Data Relatable


These projects were developed for Toyoshima , as a collaboration between Design Lab and Takeuchi Lab. The goal of both these collaborations was to create tools and experiences for making large-scale remote sensing data more relatable, understandable, and useful for the wider public.


これらのプロジェクトは、デザインラボと竹内研究室のコラボレーションとして、豊島ライフスタイル寄付研究部門のために発展させたものです。プロジェクトの目的は、大規模なリモートセンシングのデータを、多くの人々のために、関連付けられた、理解しやすい、そして役に立つものとするための、ツールを創り、実際の経験を提供することです。




IN PRAISE OF SHADOWS


In Praise of Shadows is a virtual forest explorer that is designed to encourage sustainable behavior. The project focuses on forest reflectance simulation research led by remote sensing researcher Takumi Fujiwara, which uses shadow parameters to estimate 3D models of forests. The platform serves as a repository of detailed explorable forests across the globe, which can be visited through the perspective of other animals. It also offers users the possibility to visualize their own carbon footprint by simulating a forest from estimates of their resource consumption.


「In Praise of Shadows」は、持続可能な行動を促すためにデザインされた、バーチャルフォレストを探索するツールです。このプロジェクトでは、リモートセンシングの研究者である藤原匠さんが主導する森林の反射率シミュレーション研究に焦点を当て、陰影のパラメータから推測した森林の3Dモデルを創っています。このプラットフォームは、探索可能な世界中の森林モデルの詳細を保管していて、それらの森林を他の動物の視点を通しても体験することができます。また、ユーザーの資源消費量を推定して森林をシミュレートすることで、個人の二酸化炭素排出量を可視化することもできます。




BIRDSEYE



Birdseye is a crowdsourced information platform that connects disparate stories through environmental data. The platform, developed with remote sensing researchers, allows users to pair each post with a geospatial dataset. By doing so, the project provides both cultural context to data and evidence to stories. The goal of the collaboration was to democratize access to spatial analysis tools and propose alternative ways for individuals to perceive the complex relationships between global events, personal narratives, and environmental changes.


「Birdseye」は、環境データを介して異なるストーリーをつなぐ、クラウドソースの情報プラットフォームです。リモートセンシングの研究者と共同で開発したこのプラットフォームでは、ユーザーがそれぞれの投稿を地理空間データセットと組み合わせることができます。これにより、データにはその文化的背景をストーリーにはそれを裏付ける情報を提供することができます。このコラボレーションの目的は、空間分析ツールへのアクセスを多くの人々に提供し、世界的な出来事、個人的な物語、環境変化との間の複雑な関係を個人が認識するための新たな方法を提案することでした。


Both projects were prototyped and tested with users of different backgrounds, ages, and nationalities to collect feedback and refine the final output.


両プロジェクトでは、作成した試作品を様々な背景、年齢、国籍を持つユーザーを対象にテストを行い、感想や意見を集めて、最終的なかたちへと改良しました。